版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
はじめての家族療法 浅井 伸彦(編著) - 北大路書房
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784762831652

はじめての家族療法 クライエントとその関係者を支援するすべての人へ

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:北大路書房
A5判
208ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7628-3165-2   COPY
ISBN 13
9784762831652   COPY
ISBN 10h
4-7628-3165-4   COPY
ISBN 10
4762831654   COPY
出版者記号
7628   COPY
Cコード
C3011  
3:専門 0:単行本 11:心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月20日
書店発売日
登録日
2021年7月9日
最終更新日
2021年11月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-12-03
MORE
LESS
システムズアプローチを中心としつつも,ナラティヴ・アプローチやオープンダイアローグなど,発展し続ける家族療法の〈多様性〉についても紹介。

紹介

家族療法の考え方や理論,背景,技法を豊富な事例でやさしく学べる。カップルカウンセリングやジェノグラムの実践,さらには家族支援にも役立つ書籍。システム論的家族療法を中心に,ナラティヴ・アプローチやオープンダイアローグなど,発展し続けるセラピーの多様性についても紹介する。実践家としての著者達の本音座談会も収載。

「家族療法ってどう学べばいいの?」という問いに
「まずこれを読んでみて!」と答えられる本がこれです!!
八巻 秀氏 推薦!!
(駒澤大学 文学部 心理学科教授/SYプラクティス 代表/やまき心理臨床オフィス スーパーバイザー)

目次

はじめに

1章 家族療法って何?

 1.家族療法のよくある誤解とその特徴
 (1)家族療法のよくある誤解
 (2)家族療法の特徴
 2.家族療法をイメージするための事例
 3.家族療法はどこから来たの?
 (1)家族療法の源の一つとなった天才臨床家ミルトン・エリクソン
 (2)「個人」から「家族」へ:視点の変化から見る家族療法の起源

2章 家族療法の特徴
 1.家族療法のいろいろ
 2.典型的な家族療法はあるの?
 3.IP(患者とみなされたもの)

3 章 家族療法の認識論1
 1.システム理論
 2.円環的認識論
 3.第一次変化と第二次変化
 (1)第一次変化
 (2)第二次変化
 4.語用論
 5.ダブルバインド理論
 6.コミュニケーションの暫定的公理
 (1)人がコミュニケーションをしないことは不可能である
 (2)コミュニケーションには,「情報」と「情報に関する情報」の二つのレベルがある
 (3)人間関係は,人間間のコミュニケーションの連鎖の「パンクチュエーション」によって規定される
 (4)コミュニケーションでは,「デジタルモード」と「アナログモード」の両者が使用される
 (5)すべてのコミュニケーションは,「対称的」か「相補的」かのいずれかである

4章 家族療法の認識論2
 1.社会構成主義
 2.観察するシステムと観察されたシステム
 3.オートポイエーシス
 4.サイバネティックス

5章 家族療法家の臨床的態度と考え方1
 1.家族療法の学び方:どうやって実践につなげていけばよいか
 (1)まずは家族療法の基礎理論を理解する
 (2)よい例を見る/ 読む
 (3)実際のカウンセリングにおいて,家族療法の認識論でケースを眺める
 (4)ジョイニングを心がける
 (5)小さな介入から行っていく
 2.ジョイニング
 (1)クライエントを含む家族に対するジョイニング
 (2)個人のクライエントに対するジョイニング
 (3)夫婦に対するジョイニング
 3.褒める/ ねぎらうこと・肩入れすること
 (1)コンプリメント(褒める/ ねぎらうこと)
 (2)間接的コンプリメント

6章 家族療法家の臨床的態度と考え方2
 1.家族構造とサブシステム
 2.境界線・提携・権力
 (1)境界線
 (2)提携
 (3)権力
 3.家族構造に働きかける

7章 家族療法の方法論1
 1.リフレーミング
 (1)リフレーミングとポジティヴ・リフレーミング
 (2)ネガティヴ・リフレーミング
 (3)ポジティヴ・コノテーション
 2.エナクトメント(実演化)
 3.ユーティライゼーション(有効利用化)

8章 家族療法の方法論2
 1.チームアプローチ
 2.症状処方
 ❖ 治療的ダブルバインド

9 章 ジェノグラムとは
 1.ジェノグラムの書き方
 (1)カップルの誕生
 (2)子どもの誕生
 (3)離婚と再婚
 (4)子どもの結婚と出産
 2.ジェノグラムの意義
 (1)今の家族を理解する
 (2)家族の歴史を理解する
 (3)システムとして家族を理解する
 (4)家族にジョイニングする
 3.事例から学ぶジェノグラム
 4.最後に

10章 家族療法の歴史と諸派の考え方
 1.家族療法の歴史
 2.家族療法の諸派
 (1)精神力動的家族療法
 (2)コミュニケーション(MRI)派家族療法
 (3)構造派家族療法
 (4)戦略派家族療法
 (5)多世代派家族療法
 (6)ミラノ派家族療法/ システミック家族療法
 (7)ソリューション・フォーカスト・アプローチ/ ブリーフセラピー
 (8)ナラティヴ・アプローチ

11章 ソリューション・フォーカスト・アプローチ
 1.セントラルフィロソフィー
 2.ウェルフォームド・ゴールを形成する
 ❖ ミラクルクエスチョン
 3.悪かったことではなく,よかった「例外」に光を当てる
 4.「どのような質問をするか」が解決を構築する
 (1)スターティングクエスチョン
 (2)スケーリングクエスチョン
 (3)コーピングクエスチョン
 5.SFAを「解決強要アプローチ」にしない

12章 カップルカウンセリング
 1.はじめに
 2.カップルカウンセリングの留意点
 (1)モチベーションの違い
 (2)利害の違い
 (3)共通のゴールの難しさ
 (4)共感の難しさ
 (5)裏腹の言葉の扱い方
 (6)性の問題をどう扱うか
 3.事例からカップルカウンセリングを学ぶ

13章 ナラティヴ・アプローチ1
 1.ドミナント・ストーリーとオルタナティヴ・ストーリー
 2.ドミナント・ストーリーを脱構築する
 (1)外在化
 (2)影響相対化質問
 (3)問題の脱構築
 (4)ユニークな結果
 (5)オルタナティヴ・ストーリーの命名
 3.オルタナティヴ・ストーリーを分厚くする
 (1)リ・メンバリング
 (2)治療的文書・治療的手紙
 (3)儀式・式典
 (4)共同研究,リーグ,ネットワーク
 (5)アウトサイダー・ウィットネスグループと輪郭の規定式典

14章 ナラティヴ・アプローチ2
 1.コラボレイティヴ・アプローチ
 (1)概要
 (2)セラピストの姿勢
 (3)問題や対話に対する捉え方
 2.リフレクティング・プロセス
 3.ダイアロジカル・アプローチ
 (1)オープンダイアローグ
 (2)未来語りのダイアローグ

15章 座談会「家族療法の学び方・違いと,家族支援の未来」
 家族療法の学び方
 家族療法とソリューション・フォーカスト,ナラティヴの違い
 家族療法,SFA,ナラティヴは「使い分け」るか?
 家族療法からのオープンダイアローグと,人道支援からのオープンダイアローグ
 家族支援のミニマムエッセンスとしての家族療法

人名索引
事項索引

著者プロフィール

浅井 伸彦  (アサイ ノブヒコ)  (編著

浅井伸彦(あさい・のぶひこ) 1 ~ 8 章・10 章・13 章・15 章
一般社団法人国際心理支援協会 代表理事,株式会社Cutting edge 代表取締役,公認心理師,臨床心理士,保育士,Th e certifi cate that qualifies to act as responsible supervisor, trainer and psychotherapist for dialogical approach in couple and family therapy(オープンダイアローグ国際トレーナー資格)。専門は,家族療法,オープンダイアローグ,トラウマケア。国際心理支援協会では,家族療法やオープンダイアローグに関するトレーニングを行っている。

坂本 真佐哉  (サカモト マサヤ)  (監修

坂本真佐哉(さかもと・まさや)
神戸松蔭女子学院大学人間科学部心理学科 教授,臨床心理士,公認心理師。日本家族療法学会認定スーパーヴァイザー。灘中学・灘高校スクールカウンセラー。家族療法(システムズアプローチ),ナラティヴ・セラピー,ブリーフセラピーなどに関心を寄せている。著書に,『今日から始まるナラティヴ・セラピー』(日本評論社),『逆転の家族面接』(分担執筆,日本評論社),『暮らしの中のカウンセリング入門』(分担執筆,北大路書房)他がある。

松本 健輔  (マツモト ケンスケ)  (

松本健輔(まつもと・けんすけ) 9 章・11 章・12 章・15 章
カップル・夫婦の専門相談機関Hummingbird 代表,一般社団法人日本SFA 協会 理事,臨床心理士,公認心理師,Master Solution-Focused Practitioner。専門はカップル・夫婦。主に不倫,セックスレス,DV など高葛藤のカップルのカウンセリングが専門。

上記内容は本書刊行時のものです。