版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
しょぼい喫茶店の本 池田達也(著) - 百万年書房
.
詳細画像 0

しょぼい喫茶店の本

発行:百万年書房
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ20mm
重さ 240g
200ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-9910221-7-3
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月17日
書店発売日
登録日
2019年1月24日
最終更新日
2019年4月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-05-18 日本経済新聞  朝刊
2019-05-18 日本経済新聞  朝刊  5月18日
2019-05-16 週刊文春  5月23日号
2019-04-30 サンデー毎日  
評者: 南陀楼綾繁
2019-04-30 神戸新聞  朝刊
2019-04-29 沖縄タイムス  朝刊

紹介

就職できなくても生きる!!


東京・新井薬師に実在する「しょぼい喫茶店」(という名前の喫茶店)が出来るまで、と出来てからのエモすぎる実話。


【STORY】
就活に失敗した大学生が、人生に行き詰まる→「しょぼい喫茶店」をやりたいとブログに綴る→『しょぼい起業で生きていく』著者・えらいてんちょうに発見され、ブログがSNSで話題に→見ず知らずの人から100万円もらう→ここまでの展開に感動した女性が「手伝いたい」と鹿児島から上京→ふたりで「しょぼい喫茶店」(という名前の喫茶店)をオープン→紆余曲折ありつつ、そしてふたりは結婚。という超絶ウソっぽいですが実話、のお話です。

目次

第1章 僕は働きたくなかった
第2章 100万円ください
第3章 しょぼい喫茶店の誕生
第4章 このままでは潰れる
第5章 魔法を信じる力
第6章 グルーヴはひとりじゃ生まれない
長めのあとがき おりん

版元から一言

pha、内田樹、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、瀧波ユカリ、借金玉、大原扁理、絶賛!!

人生に迷っていた昔の自分を見ているようだった。(pha)/この本の中では劇的な事件は何も起こらない。ふつうの人の労働の日々が静かな筆致で書かれているだけだ。でも、現代の若者の本質とこの世界の一面が鮮やかな筆致で切り取られている。(内田樹)/書棚に並んだ自己啓発本の数々とオンラインサロンの広告を見るだけで気が滅入る時代ですけれど、人間の幸せというのは、軽く息を吹き返すくらいの、日々の弱い魔法の積み重ねの先にあるのかもしれないと思いました。(後藤正文 ex.ASIAN KUNG-FU GENERATION )/最初の一歩が踏み出せない系の人、必読! 何者でもない自分からのブレイクスルーを果たした作者の、成長と成功のノンフィクション。これを読めばきっと、しょぼくて偉大な一歩を踏み出せます。(瀧波ユカリ)/みんな見栄があるので書けなかった、商売の一番大事なところ。(借金玉)/進学・就活をひかえた知人の子どもにプレゼントしたい。きっと役に立つと思う。(大原扁理)

著者プロフィール

池田達也  (イケダタツヤ)  (

1994年長野県生まれ。上智大学文学部卒業。在学中、アルバイトや海外留学をするもどれも中途半端に終わる。働きたくない、働けないと思いつつも、「普通」というレールから外れまいと2017年3月に就職活動を開始。ダメな自分を隠しながら就職活動を続けるが、結局すべての企業から不採用にされてしまう。その後、一時は部屋から起き上がれない、布団から出られないという状態になるも、友人の温かさやインターネットで見つけた多様な人生のレールに希望を見出す。そして、えらいてんちょうのしょぼい起業に触発されしょぼい喫茶店の開業を志し、ツイッターで開業資金の100万円を募り、即日でそれを調達。当時激務からうつ病を患い、鹿児島の実家で療養していたおりんさんもツイッターやブログを読んで共感し、上京。出資から約40日後の2018年3月にしょぼい喫茶店を2人で開業。開業までの経緯からインターネットを中心に反響を呼び、紆余曲折ありながらも経営を軌道に乗せる。2018年11月に店員のおりんさんと結婚。2019年1月には約半年間お店をサポートしてくれたスタッフの独立資金として、前年に出資を受けた開業資金の100万円をそのまま出資。現在はしょぼい喫茶店を経営しつつ、しょぼい起業への投資やコンサルティングも行なっている。

上記内容は本書刊行時のものです。