版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
隔離の文学 : ハンセン病療養所の自己表現史 荒井 裕樹(著) - 書肆アルス
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784990559540

隔離の文学 : ハンセン病療養所の自己表現史 (カクリノブンガク ハンセンビョウリョウヨウショノジコ ヒョウゲンシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆アルス
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ27mm
344ページ
上製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-9905595-4-0   COPY
ISBN 13
9784990559540   COPY
ISBN 10h
4-9905595-4-1   COPY
ISBN 10
4990559541   COPY
出版者記号
9905595   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年11月30日
書店発売日
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2022年9月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2012-01-29 朝日新聞
評者: 中島岳志(北海道大学准教授)
MORE
LESS

重版情報

3刷 出来予定日: 2017-06-30
MORE
LESS

紹介

ハンセン病者への隔離政策が確立する一九三〇年代から、軍靴の音響くアジア・太平洋戦争期を経て、民主主義を謳歌する一九五〇年代まで-この激動の時代に、病者自身が描いた文学作品を研究・考察した十章から成る。ハンセン病者たちは、自分たちを抑圧し、抹消しようとする社会風潮や国家権力と、いかに向き合ってきたのか。また逆に、どのような言葉を駆使して抗してきたのか。終生隔離という極限状況に置かれた者が、いかにして「抑圧された生命を生きる意味」を紡ぎだすのかという普遍的な問題に挑む。

目次

隔離する文学-「癩予防協会」と患者文学の諸相
「断種」を語る文学-ハンセン病患者の文学にみる優生思想
"身振り"としての「作家」-北條民雄の日記精読
「癩」の「隠喩」と「いのち」の「隠喩」-北條民雄「いのちの初夜」と同時代
御歌と"救癩"-近代皇族の文学はいかに問い得るのか
「病友」なる支配-小川正子『小島の春』試論
ハンセン病患者の戦争詩(近くて遠い詔勅
隔離の中の"大東亜")
「療養文芸」の季節-"弱さ"の自画像
文学が描いた優生手術-ハンセン病患者は「断種」をいかに描いてきたか?

著者プロフィール

荒井 裕樹  (アライ ユウキ)  (

1980年、東京生まれ。2009年、東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。専門は日本近現代文学・障害者文化論。ハンセン病・身体障害(脳性麻痺)・精神障害の当事者たちの文学活動や社会運動の研究、および医療施設における自己表現活動の支援に取り組む。著書に『障害と文学――「しののめ」から「青い芝の会」へ』(現代書館、2011年2月)。

上記内容は本書刊行時のものです。