版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
長崎口と和華蘭文化 迫田 ひなの(編集) - 西南学院大学博物館
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910038377
西南学院大学博物館研究叢書

長崎口と和華蘭文化 異文化のさざ波

このエントリーをはてなブックマークに追加
B5変型判
縦257mm 横188mm 厚さ5mm
58ページ
小口折り並製
価格 1,000円+税
ISBN
978-4-910038-37-7   COPY
ISBN 13
9784910038377   COPY
ISBN 10h
4-910038-37-X   COPY
ISBN 10
491003837X   COPY
出版者記号
910038   COPY
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月1日
書店発売日
登録日
2021年9月2日
最終更新日
2021年9月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

長崎は,1571(元亀2)年の開港からおよそ300年ものあいだ,日本史上において重要な地位を占めていた。近世にはオランダや中国との唯一の交易の場となり,その中心である出島と唐人屋敷は,文化流入の最前線となったのである。異文化のさざ波に洗われた長崎は,人々の営みの中に異文化を受容する土壌を培い,「和華蘭文化」と呼ばれる独自の文化を花開かせることとなった。その足跡を図版とともに紹介する。
★特別折込み「出島蘭館図巻」(西南学院大学博物館蔵)

目次

ご挨拶[西南学院大学博物館館長 伊藤慎二]
 開催概要/凡例
第1章 四つの口と長崎
第2章 長崎における対外交流
 第1節 出島
  【コラム】オランダ製ワインボトルの流通について[大野城心のふるさと館運営事業学芸員 鬼束芽依]
 第2節 唐人屋敷
  【コラム】『清俗紀聞』に見る唐人の食生活[西南学院大学博物館学芸調査員 早田 萌]
第3章 国際都市・長崎
 第1節 異文化との交流
 第2節 丸山遊廓
  【コラム】丸山遊女とオランダ人:「粧ひ」とフィッセルの子どもたち[西南学院大学博物館学芸研究員 迫田ひなの]
出品目録
論 考
 日本を訪れた異国人:好奇心とその記憶[西南学院大学国際文化学部国際文化学科准教授 尹芝惠]
 日本とヨーロッパを往復した「煙草入れ」:1830年,シーボルトと其扇の手紙[西南学院大学国際文化学部国際文化学科教授 宮崎克則]
 長崎の「キリシタン神社」:宗教景観変遷過程の習合宗教施設[西南学院大学博物館館長 伊藤慎二]
参考文献

前書きなど

「ご挨拶」より
 
 西南学院大学博物館の特色は,キリスト教文化に関連する資料を豊富に収集している点にあります。これらの資料の中には,キリスト教に直接の関連があるものだけでなく,その主要な窓口となった近世の長崎における対外交流に関する資料も多く含まれます。出島・唐人屋敷は,近世の日本を語る上で欠かすことのできない存在です。遥か海を隔てた異国から多くの文物がこの場所を通して日本へもたらされ,多彩な日本文化発展の礎を築きました。1571年に長崎が開港してからちょうど450年という節目の年に,このような展覧会を開催できますことを,非常に嬉しく思います。
 本特別展「長崎口と和華蘭文化―異文化のさざ波―」は,「四つの口」と呼ばれる海外との交流の窓口が開かれていた近世の日本において,出島・唐人屋敷がどのような役割を果たしたのかを考えます。また,そこから流入した異国の文化が長崎の人々にどのように受容され,「和華蘭文化」と呼ばれる文化を花開かせるに至ったのかを紹介します。現在の長崎にも色濃く残る,異国情緒漂う雰囲気はいかにして生まれたのか。出島・唐人屋敷での交流に焦点を当て,その足跡をたどります。
 本展覧会に足を運んでいただいた皆様,そして本図録を手に取っていただいた皆様にとって,寄せては返すさざ波のように,時折思い出していただける展覧会となることができたならば幸甚に存じます。
 末筆ではございますが,本展覧会の開催にあたって,本学博物館の活動にご理解とご協力を賜りました関係各位に厚く御礼申し上げます。
  2021年9月1日    西南学院大学博物館館長 伊藤慎二

著者プロフィール

迫田 ひなの  (サコダ ヒナノ)  (編集

1996年生まれ。2021年,西南学院大学大学院国際文化研究科国際文化専攻博士前期課程修了。
現在,西南学院大学博物館学芸研究員。専門は日本近世史,近世日朝交流史。主な研究論文に「館守『毎日記』に見る草梁倭館の交奸事件─元禄三(一六九〇)年の事例をもとに─」(『西南学院大学博物館研究紀要』第9号,2021年)がある。

早田 萌  (ハヤタ モユ)  (編集

1996年生まれ。2021年,西南学院大学大学院国際文化研究科国際文化専攻博士前期課程修了。
現在,西南学院大学大学院国際文化研究科研究生。専門は古代中国史。特に『三国志演義』における人物描写の特色についての研究など。西南学院大学博物館学芸調査員。

上記内容は本書刊行時のものです。