版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ビッグ・ブラザーの世紀 奥畑 豊(著/文) - 小鳥遊書房
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909812667

ビッグ・ブラザーの世紀 英語圏における独裁者小説の系譜学

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小鳥遊書房
A5判
300ページ
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-909812-66-7   COPY
ISBN 13
9784909812667   COPY
ISBN 10h
4-909812-66-0   COPY
ISBN 10
4909812660   COPY
出版者記号
909812   COPY
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年7月31日
書店発売日
登録日
2021年6月27日
最終更新日
2021年8月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

オーウェル、ケストラー、ナボコフ、ゴールディング、カーター、バラード、アップダイク 、ナイポール、ラシュディ、バーンズなど20世紀英語圏文学を丹念に辿り、確たる実態を持たない記号のようにあらゆる場所に偏在する「不在の中心」としての「ビッグ・ブラザー=独裁者」の表象を明らかにする。
「ビッグ・ブラザーがあなたを見ている
(Big Brother is watching you)」

目次

はじめに―フィクションとしての独裁者たち
第一章●独裁者小説の誕生と展開(序論)
    ―全体主義の時代とルイス、ケストラー、オーウェル、ナボコフ
1 ルイスの独裁者小説―アメリカのヒトラー
2 ここでは起こり得ない?―ナチズム/ファシズムとルイスの預言
3 英語圏における独裁者フィクションの系譜とは?
4 空洞化するイデオロギーと洗脳の問題
  ―ケストラー、オーウェル、スターリニズム
5 空虚な中心としての独裁者―ビッグ・ブラザーとナンバー・ワン
6 ナボコフ、独裁者、(非)日常―非政治的な政治小説
第二章●スターリニズムとナチズムの寓話―オーウェルからゴールディングへ
1 寓話としての独裁者フィクション
2 『動物農場』におけるナポレオン/スターリン―独裁、言語、文学
3 『蠅の王』におけるジャック/ヒトラー―「人間性の欠陥」とは何か?
4 ナチ化する英国少年たち―「それはここにおいても起こりうる」
5 その後のゴールディング―独裁者フィクションを越えて
6 歴史のブラック・ホール―『動物農場』と『蠅の王』
第三章●冷戦期SFにおける核、独裁者、男性/父権性
   ―ハートリー、ディック、ヴォネガット、カーター、バラード
1 カーターとバラード、そして冷戦期における独裁者小説
2 核時代と独裁者―ハートリー、ディック、バラード、カーター
3 『ホフマン博士』における二人の独裁者と軍拡競争
―ヴォネガット作品との比較から
4 経済的欲望と軍事的欲望
5 サンプルとネビュラス・タイム
6 カーターからバラードへ―『ハロー・アメリカ』の独裁者マンソン
7 アメリカの独裁者―核兵器と原子力
8 核/原子力を手に入れた独裁者
第四章●アフリカの独裁者たち
―アップダイク、ナイポール、ファラー、ナザレス、アチェベ
1 冷戦期アメリカとアフリカの独裁者―アップダイクとリビアのカダフィ政権
2 アフリカの独裁者たちとフィクションを通じた抵抗
3 ビッグ・ブラザーからビッグ・マンへ―ナイポールと第三世界の独裁者小説
4 「新しいアフリカ」?―ビッグ・マンとザイールのモブツ大統領
5 ソマリアのバーレ政権とファラーの三部作
6 ナザレスの風刺―アミン時代のウガンダ
7 アチェベとナイジェリアの問題
―独裁者表象のアフリカにおける((再)転換
第五章●アジア・イスラム圏における独裁、権力闘争、そして女性たち
―ラシュディのパキスタン
1 (架空の)パキスタン、独裁者、ラシュディの『恥』
2 政治的空間、公共圏、私的空間
3 ラザ・ハイダル政権―近代化かイスラム原理主義か?
4 悲劇の英雄ではない―「私的空間」から見たイスカンダル・ハラッパー独裁
5 暴走するスーフィアの破壊衝動と「恥」
第六章●独裁者の時代に(結論)
―ウィリアムズ、バーンズ、そして二十世紀の終わり
1 冷戦とアメリカの世紀―アップダイク、ウィリアムズからバーンズへ
2 新自由主義、グローバリズム、独裁者
3 一九八〇年代から九〇年代初頭―新冷戦からアメリカの「勝利」?
4 バーンズの企み―東欧社会主義国の民主化と「過去」との決別?
5 結びに代えて―二十世紀と独裁者フィクション
あとがき―ビッグ・ブラザーの「黒い犬」たち
主要参考文献
索引

著者プロフィール

奥畑 豊  (オクハタ ユタカ)  (著/文

1990年、兵庫県出身。慶應義塾大学文学部人文社会学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2019年9月、ロンドン大学バークベック・カレッジ大学院博士課程修了(PhD in English Literature)。中央大学、東京大学にて非常勤講師を務め、2020年4月より日本女子大学文学部英文学科専任講師。専門はイギリスを中心とする20世紀以降の現代文学(小説、戯曲)。単著に博士論文を基にしたAngela Carter's Critique of Her Contemporary World: Politics, History, and Mortality (Peter Lang, 2021)がある。また、第29回福原賞(福原記念英米文学研究助成基金・出版助成)を受賞し、日本語の第一単著『ハロルド・ピンター―不条理演劇と記憶の政治学』(彩流社)を2021年6月に刊行。主な論文に「ハリウッド、冷戦、家庭:Angela CarterのThe Passion of New Eveにおける女性像の構築」『英文学研究』95巻(2018年)、“Angela Carter and Modern Japanese Fiction: Her Re-Encounter with Western Literary Legacies”, Contemporary Women’s Writing (forthcoming)など。

上記内容は本書刊行時のものです。