版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ペデルペスの足跡──日本近代詩史考 近藤洋太(著/文) - 書肆子午線
.

ペデルペスの足跡──日本近代詩史考

発行:書肆子午線
四六判
縦188mm 横148mm 厚さ19mm
重さ 200g
244ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-908568-19-0
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年12月1日
書店発売日
登録日
2018年11月19日
最終更新日
2018年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

口語自由詩を切り開いた萩原朔太郎、西脇順三郎、宮澤賢治、中原中也、立原道造たち近代詩人が通った一様ではない進化の過程。太平洋戦争に直面した三好達治、草野心平、伊東静雄たちの生の痕跡。詩の実作者が辿る詩史論。

目次

日本近代詩の問題―前書に代えて

ペデルペスの足跡

「浄罪詩篇」時代―萩原朔太郎
『氷島』の詩語―萩原朔太郎
遠いものの連結―西脇順三郎
文語定型詩への到達―宮澤賢治
歌の成立―中原中也
口語自由詩の完成―立原道造

反「師系」の文学としての詩

戦争と詩人

戦争と詩人
頸ながし鳥臀おもし鳥―三好達治
死んだら死んだで生きてゆくのだ―草野心平
このかさのひらかずば―伊東静雄

前書きなど

詩の進化は一本道ではなかった。人生の苦難に行き当たって、文語に還っていく詩人がいた。それはさながら陸地に上がりながら、また海にもどっていったクジラのようであった。もともと詩の最終目標が文語詩である詩人もいた。それはいったん淡水域に入って肺を持ちながら、海に還って肺を浮袋に進化させた魚たちのようであった。(「日本近代詩の問題 ──前書に代えて」より)

著者プロフィール

近藤洋太  (コンドウヨウタ)  (著/文

1949年福岡県久留米市生まれ。詩集に『もがく鳥』(78年)、『七十五人の帰還』(81年)、『カムイレンカイ』(85年)、『水縄譚』(93年)、『水縄譚其弐』(00年)、『筑紫恋し』(11年)、『果無』(13年)、『CQICQ』(15年)、『SSS』(17年)など。評論集『矢山哲二』(89年)、『反近代のトポス』(91年)、『〈戦後〉というアポリア』(00年)、『保田與重郎の時代』(03年)、『人はなぜ過去と対話するのか──戦後思想私記』(14年)、『現代詩文庫231近藤洋太詩集』(16年)、『辻井喬と堤清二』(16年)、『詩の戦後』(16年)。

上記内容は本書刊行時のものです。