版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ショウコの微笑 チェ・ウニョン〔崔恩栄〕(著) - クオン
.
新しい韓国の文学シリーズ 19

ショウコの微笑

発行:クオン
四六変型判
縦184mm 横130mm 厚さ23mm
332ページ
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-904855-81-2
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年12月25日
書店発売日
登録日
2018年12月10日
最終更新日
2019年1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-16 朝日新聞  朝刊
評者: 都甲幸治(早稲田大学教授・アメリカ文学)

紹介

今注目の作家チェ・ウニョンの短編集第1作、待望の邦訳

高校の文化交流で日本から韓国へやってきたショウコは、私の家に1週間滞在した。帰国後に送り続けられた彼女の手紙は、高校卒業間近にぷっつり途絶えてしまう。
約十年を経てショウコと再会した私は、彼女がつらい日々を過ごしていたと知る。
表題作のほか時代背景も舞台も異なる多彩な作品を収録。
いずれの作品の登場人物も哀しみ、苦しみを抱えながら他者と対話し、かかわることで、自らの人生に向き合おうとする。
時と場を越えて寄り添う7つの物語。

目次

ショウコの微笑
シンチャオ、シンチャオ
オンニ、私の小さな、スネオンニ
ハンジとヨンジュ
彼方から響く歌声
ミカエラ
秘密

作家の言葉
作家と作品について

著者プロフィール

チェ・ウニョン〔崔恩栄〕  (チェ ウニョン)  (

1984年、京畿道生まれ。高麗大学国文科卒。
2013年に「ショウコの微笑」で『作家世界』新人賞を受賞し、デビュー。
翌年には同作で第5 回若い作家賞を受賞。
2016年にホギュン文学作家賞、
2017年に「その夏」で第8回若い作家賞をそれぞれ受賞している。
「その夏」も収録した短編集第2作『私にとって無害な人』は、
2018年に第51 回韓国日報文学賞を受賞した。
静かで端正な文体でつづられた作品は、
長く濃い余韻をもって読者の心を動かすと支持されており、
今後の作品に期待が高まる、注目の若手作家の一人である。

吉川凪  (ヨシカワ ナギ)  (監修

仁荷大学に留学、博士課程修了。文学博士。
著書『朝鮮最初のモダニスト鄭芝溶』、『京城のダダ、東京のダダ』、
訳書『申庚林詩選集 ラクダに乗って』、『都市は何によってできているのか』、
『アンダー、サンダー、テンダー』『完全版 土地』(1、3、4、6 巻)など。
キム・ヨンハ『殺人者の記憶法』で第四回日本翻訳大賞受賞。

牧野美加  (マキノ ミカ)  (

大阪生まれ。看護師として、海外ボランティアも含め医療に長く従事。
2008年より韓国在住。釜慶大学言語教育院で韓国語を学んだ後、
新聞記事や広報誌の翻訳に携わる。
第1回「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」最優秀賞受賞。

横本麻矢  (ヨコモト マヤ)  (

東京生まれ。大学にて外国語(英語・フランス語・韓国語)を専攻。
報道機関での記事翻訳、一般企業でのインハウス翻訳者を経て、
フリーランスとして産業翻訳に従事。
第1回「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」優秀賞受賞。

小林由紀  (コバヤシ ユキ)  (

北海道生まれ。法律関連の仕事に携わる傍ら、韓国映画の魅力を
知って韓国語を学び始める。
第1回「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」優秀賞受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。