版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
解きながら学ぶ日本と世界の宗教文化 宗教文化教育推進センター(編) - 集広舎
.

解きながら学ぶ日本と世界の宗教文化

発行:集広舎
A5判
248ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-904213-69-8
Cコード
C0014
一般 単行本 宗教
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年3月
書店発売日
登録日
2019年2月19日
最終更新日
2019年3月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

初級3択・中級4択・上級5択で学べる世界の宗教と宗教文化問題集 !!
グローバル化が進んでいく現代では、宗教や宗教文化は今までになくボーダレスに広まり、その基礎的知識を得ていくことは、さまざまな職業そして日常生活にとって大事になってきています。
宗教に関わる問題はいろいろな解釈があり、学問的にも確定できないことが数多くあります。さらにインターネットのサイトに投稿する人が増えた結果、ネット上には根拠のない説も数多くみられます。そうした中に、できる限り信頼のおける内容になるようにと、多くの宗教研究者が協議を重ねました。──「あとがき」より

編集委員長 
井上順孝(國學院大學)
編集委員
飯嶋秀治(九州大学)
岩井 洋(帝塚山大学)
岩野祐介(関西学院大学)
岡田正彦(天理大学)
河野 訓(皇學館大学)
木村敏明(東北大学)
黒﨑浩行(國學院大學)
小田部進一(玉川大学)
櫻井義秀(北海道大学)
佐々木裕子(白百合女子大学)
釈 徹宗(相愛大学)
杉岡孝紀(龍谷大学)
土井健司(関西学院大学)
西村 明(東京大学)
平藤喜久子(國學院大學)
藤原聖子(東京大学)
星野靖二(國學院大學)
三木 英(大阪国際大学)
宮本要太郎(関西大学)
村上興匡(大正大学)
八木久美子(東京外国語大学)
山中 弘(筑波大学)
弓山達也(東京工業大学)

目次

はしがき
初級編〈ウォーミングアップ〉
 日本の宗教...........................7
 世界の宗教...........................23
 テーマ別..............................43
中級編〈ステップアップ〉
 日本の宗教..........................59 
世界の宗教.............................91
 テーマ別............................135
上級編〈チャレンジ〉
 日本の宗教.........................161
 世界の宗教.........................177
 テーマ別............................197
付録〈役に立つ資料とデータ〉
1. 日本と世界の宗教統計...............212
(3)日本の宗教人口 (4)信仰の重要性についての国別比較
(5)ヨーロッパ各国人口に占めるイスラム教徒の割合
2. 各種の宗教地図...............218
(1)世界の宗教地図 (2)創唱宗教の発祥地
(3)主要な宗教の中心地(日本) (4)宗教に関わる紛争・テロのマップ 
(5)主要な聖地・巡礼地マップ(国外)(6)主要な参詣地・巡礼地マップ(国内)
3. 図解................224
(1)キリスト教の分派 (2)日本仏教の宗派形成(3)カトリック教会の組織
4. 年中行事一覧.................226
5. 年表..............................230 
あとがき............................246

著者プロフィール

宗教文化教育推進センター  (シュウキョウブンカキョウイクスイシンセンター)  (

【宗教文化教育推進センター】Center for Education in Religious Culture
宗教文化教育推進センターは2011年1月に設立されました。グローバル化が急速に進行する21世紀の日本においては、日本や世界の宗教文化について基礎的な教養を身に付け、理解を深めていく必要が増しているという考えに基づいています。国立・私立の大学において、宗教についていろいろな立場から研究をしている数十名の大学教員の協力によって運営されています。主として大学生、教育関係者を対象にした宗教文化士の認定試験を年2回実施しています。そのほか、広く一般の人たちが宗教文化を学べるように、オンライン教材も作成し、ホームページで無料公開しています。http://www.cerc.jp

上記内容は本書刊行時のものです。