版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
古典と歴史4 古典と歴史の会(編) - 燃焼社
.

古典と歴史4

発行:燃焼社
A5判
縦210mm 横150mm 厚さ3mm
重さ 100g
52ページ
並製
価格 800円+税
ISBN
978-4-88978-133-5
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年1月15日
書店発売日
登録日
2018年12月19日
最終更新日
2019年1月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

樋口健太郎「鎌倉時代の松殿基房」。摂関家は平安末期以降、複数の家系に分裂するが、なかでも松殿流は基房が摂関に任じられながらも、子孫は摂関家として続かなかった。この原因は、基房が敗死した木曽義仲と結んだためと理解されてきたが、この論文では、その後も基房の存在感が大きく、松殿流が摂関家として復権する可能性もあったとする新説を提唱。ほか、「古代史への招待②」と新刊紹介1篇を収録。

目次

樋口健太郎「鎌倉時代の松殿基房」
「古代史への招待②」
新刊紹介

上記内容は本書刊行時のものです。