版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
指名手配議員 鈴木 信行(著/文) - 集広舎
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: 鍬谷|地方小
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784867350331

指名手配議員 私はなぜ「フーテンの寅さん」の聖地で議員になれたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:集広舎
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ17mm
240ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86735-033-1   COPY
ISBN 13
9784867350331   COPY
ISBN 10h
4-86735-033-8   COPY
ISBN 10
4867350338   COPY
出版者記号
86735   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年7月7日
最終更新日
2022年7月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

韓国から指名手配、 入国禁止措置を受けても怯まない。 歴史の捏造を許さない。 子供のいじめを許さない。 日本の誇りと領土を守るため 今日も街宣車でマイクを持つ。 涙あり、笑いあり。 元東京都葛飾区議会議員が 余すところなく語る人生劇場。

目次

指名手配議員 目次

はじめに
プロローグ

Ⅰ 私の子供の頃
ふるさと葛飾区鎌倉のこと/わんぱくだった子供の頃──「校内暴力」の奥戸中学校/東京学館高校に入学するも……/松田聖子の大ファンに/父母のこと/韓国・竹島問題の師──下條正男先生/祖父と戦争

Ⅱ 行動する右翼として
右翼活動の始まり/右翼とはなにか/街宣車の歴史/「教育勅語が暗唱できなければ右翼になれない」──赤尾敏先生から学んだ右翼/街の風景だったビラ貼り/山本峯章先生と驚きの連続だった十代/「メチャクチャな時代」と野村秋介先生/一際目立つ存在だった右翼・野村秋介/「モテる男」鈴木邦男さんと、ファンだった妻/結婚するも再び運動へ

Ⅲ 昭和から平成へ
昭和から平成への御代替わりと右翼活動/左翼との熱い戦い?/野村秋介先生の自決/右翼活動に専念する──会社回りで酒が飲めるように?/韓国・金泳三大統領の来日と公安との押し問答/韓国と当時の右翼活動/「若さ」と「元気」が溢れた右翼活動/桂田さん出所の大騒動/在獄同志への支援/亡き仲間たちのこと/オウムと対峙 市民の期待に応える/戦後五十年決議を巡る闘争/二人の大統領に最接近?──首都高の入り口も閉鎖した/鈴木信行と靖国神社/愛国運動の新たな曲がり角とアメリカの影?/夜も寝ずに活動した三十代

Ⅳ 国会への進出を図る
維新政党・新風東京都本部と仲間たち/日本の選挙制度/参議院選挙へ挑む/松村久義氏は強かった/愛車ベンツと家族の思い出/初めて参議院選挙に出馬──ネットを活用した最初の選挙/集まって来た仲間たち/愛国運動の歴史に変化を起こした「行動保守」/長野赤旗氾濫事件/父への親孝行 戦えなくなってきた組織/参議院選挙出馬を見送る/尖閣諸島中国漁船衝突事件の衝撃/党代表への選出と「自己維新」/現実が見えなかった当時と、築く全国の絆/人生の転機 支えてくれた妻の死去

Ⅴ 韓国との闘い
韓国との戦い第一ラウンド/韓国との戦い第二ラウンド/韓国の慰安婦像に竹島の碑を縛り付け/GSOMIAの調印式を中止に追い込んだ!/韓国への「入国禁止措置」/日本国内の出来事を韓国で起訴/大ヒット商品の「竹島の碑」/文在寅事務所からの電話/韓国から「指名手配」される/幹部から批判されるも、党員から評価された韓国での行動/日本国民の強い意志を韓国へ──先人たちが守り通した国の名誉のために/島根県が制定した竹島の日

Ⅵ 再度の挑戦
再度の参院選出馬と躍進/「韓国の手先」が待ち構えた新大久保/平成二十五年参議院選挙のひとこま「スッポンのポン太」/田母神俊雄さんの都知事選挙/川東大了さんの枚方市議会議員選挙/日韓合意に即日抗議/背後からの銃撃/オバマ大統領の広島来訪に立ち合いに/平成二十八年の参議院選挙/桜井誠候補の都知事選

Ⅶ 新たな出発
独立、新たな一歩/代表辞任と離党勧告/苦境を理解してくれた大平光洋先生/アセアンとの友好イベントを実施/フィリピンに借りがある日本/葛飾区議会議員を目指す/日本中の仲間に支えられた選挙戦!/またも大ヒット商品「外国人生活保護に一二〇〇億円っておかしくない?」/当選後の議会活動/多文化共生に異議を唱えることは悪か?/財界が望む通りの世間/当選前からパンデミックを警告した/偽りと詭弁の国会答弁/梅毒増加で移民政策に警鐘!/風俗従業員たちの人権を守れ/反差別を騙る反日/自死・自殺を止める/中絶に反対する/日本国民党として新たな船出/鈴木信行が目指すもの

あとがき
跋文

前書きなど

東京都内の現職政治家で、高校中退者は何人いるのだろうか。私が知っているのは、保坂展人世田谷区長と鈴木信行(筆者)だけだ。 学歴もない、成績優秀ではない、選挙資金も乏しい、元々車好きなので街宣車をそこら中で走らせてきた。正直、若い頃の評判はあまりよろしくない。やんちゃして警察のご厄介にもなった。(中略) これまで歩んできた人生の一端を、許 される範囲で正直に書いてみたい。故人も含めて多くの方々の実名を記させていただいた。ご容赦いただきたい。決して人に誇れるものではないが、私の半生の一部が、もしこの世界の誰かの元気や、やる気につながるなら嬉しいかぎりだ。

著者プロフィール

鈴木 信行  (スズキ ノブユキ)  (著/文

昭和40年8月5日、東京都葛飾区に生まれる。葛飾区立鎌倉小学校、葛飾区立奥戸中学校卒業、東京学館高校に入るもバイク事故で中退。地元の先輩に連れられて、地元の右翼団体に出入りするようになる。野村秋介先生と鈴木邦男氏との対談『反共右翼からの脱却―われわれは現体制の手先ではない』を読んで感銘を受け、一水会勉強会に参加するようになり、新右翼運動に加わる。平成 7年に維新政党・新風に入党。平成19年、第21回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から出馬し 落選。新風では広報委員長、事務局長、幹事長を経て平成22年に党代表に選出される。平成24年6月、韓国ソウルの日本大使館前にある慰安婦像に「竹島の碑」を縛りつけ、韓国から入国禁止措置を受け、韓国検察から起訴され指名手配を受ける。第23回参議院議員通常選挙、第24回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から出馬し落選。平成29年11月、葛飾区議会議員選挙に当選。12月、東京都本部を日本国民党に改称し代表となる。

上記内容は本書刊行時のものです。