版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
金子兜太 井口 時男(著/文) - 藤原書店
..

金子兜太 俳句を生きた表現者

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:藤原書店
四六判
240ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-86578-298-1   COPY
ISBN 13
9784865782981   COPY
ISBN 10h
4-86578-298-2   COPY
ISBN 10
4865782982   COPY
出版者記号
86578   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年12月16日
最終更新日
2021年1月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-04 読売新聞  朝刊
評者: 中島隆博(東京大学教授・哲学者)
2021-03-20 毎日新聞  朝刊
評者: 持田叙子(日本近代文学研究者)

紹介

“現役大往生”から三年、画期的兜太論。
戦後俳句の巨人、金子兜太(1919‐2018)の逝去から三年。出征したトラック島での極限の戦場体験を原点として、「造型性」を掲げた前衛俳句を追求した前半生から、やがて「衆」の世界へと大きく舵を切り、さらに晩年にはアニミズムに軸足を据えたこの俳人の、生涯を貫いていたものは何だったのか。
戦後精神史にまぎれもなく屹立する比類なき「存在者」の根源にある思想を、「野の人」として見事に描き出す。気鋭の文芸批評家による画期的金子兜太論。
〈推薦〉黒田杏子

上記内容は本書刊行時のものです。