版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
知的読解力養成講座 鷲田 小彌太(著) - 言視舎
.

知的読解力養成講座 どんなものでも読みこなす技術

発行:言視舎
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ13mm
重さ 244g
208ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-86565-175-1
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月26日
書店発売日
登録日
2020年1月31日
最終更新日
2020年3月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

知のレッスン
万巻の本を読み多数の著書をものしてきた知の哲人が、「読む力」を上げる方法を具体的に解説
デジタル時代、グローバル時代、フェイクがあふれる時代に必要とされる「読解力」。だれでもできる方法を平易に解説。
人間論、日本語論、日本人論、仕事論にもつながる内容。
読解の実例で納得。

目次

▼0 書を読み、理解する、これこそもっとも人間的な行為である……人間は「本」である/人間を、とりわけ「自分」を理解するには、本を読まなくてはならない
1▼世界がようやく日本語に追いついてきた!?……日本人は、日本語でこそ、「世界」を深く、迅速に考えることができる。その逆ではない
2▼読解力のエッセンス……難解な本でも(だからこそ)速読する/中心の一点を主題に、三点で文章化する/書くことができてはじめて理解できたということになる
3▼読解の技術……比較法/理想法/常識法
4▼読むこと……読まずに、読解法を身につけるなんて、出来ない相談だ/「ことば」(論理)が未来を作る――『日本書紀』を読む
5▼「仕事」のために読む……仕事(力)は「現場」でつく/違いがわかる仕事力/達人の読解術 ほか

前書きなど

デジタル時代、グローバル時代、フェイクがあふれる時代に必要とされる「読解力」「読む力」を上げる方法を具体的に解説

版元から一言

知のレッスン

著者プロフィール

鷲田 小彌太  (ワシダ コヤタ)  (

哲学者
『最終版 大学教授になる方法』『日本人の哲学1~5』(言視舎) ほか著作多数。

上記内容は本書刊行時のものです。