版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
仁のこころを論語に聴く 恒遠俊輔(著) - 弦書房
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: 地方小
直接取引: なし

仁のこころを論語に聴く

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:弦書房
四六判
224ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-86329-217-8   COPY
ISBN 13
9784863292178   COPY
ISBN 10h
4-86329-217-1   COPY
ISBN 10
4863292171   COPY
出版者記号
86329   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年1月25日
書店発売日
登録日
2020年12月8日
最終更新日
2021年1月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-17 朝日新聞    朝刊  4/17  西部
評者: 小浦雅和・記者

紹介

 論語の魅力は、多くの人たちが語り継いでおり、その解説書も子供向けのものも含めて多く出版されている。本書の著者は、幕末の私塾・蔵春園(福岡県豊前市)を1824年に開設した恒遠醒窓(つねとおせいそう)の子孫。その蔵春園でも「論語」が教科書として使われていた。著者は、日々のくらしを大切にしようとする仲間たちと、五年間にわたって〈論語〉の世界に耳を傾け続ける。どんな生き方ができるのか、学びの喜びをかみしめながら〈論語〉を拠りどころとして、支え合い分かち合う世界を求めて綴った一冊。

目次

はじめに
Ⅰ 学ぶこと
   学ぶことの歓び
   ふりかえるということ
   真に学ぶということ 
   無知の知
   温故知新
   人はみな過ちをおかす
   成長社会から成熟社会へ

Ⅱ 生きること、そして死んでゆくこと
   どんな生き方ができるのか
   終わりを慎み、遠きを追う
   礼楽一致
   他人を思いやる心

Ⅲ 民信無くば立たずことばの大切さを想う
   論語と教育勅語
   星の世界のように調和のとれた政治を夢見て
   民信無くば立たず
   孟子

著者プロフィール

恒遠俊輔  (ツネトオ トシスケ)  (

恒遠俊輔(つねとお・としすけ)
一九四四年 福岡県豊前市生まれ。早稲田大学文学部史学科卒。福岡県内で高校教諭を勤めたのち、福岡県立求菩提資料館館長。現在、日本山岳修験学会理事、(一社)豊前市芸術文化振興協会理事長、豊前市自然と文化財を守る会会長、豊前市文化財保護審議会会長
*おもな著書
『幕末の私塾・蔵春園―教育の源流を訪ねて―』葦書房
『天狗たちの森―求菩提山と修験道』葦書房
『修験道文化考―今こそ学びたい共存のための知恵―』花乱社

上記内容は本書刊行時のものです。