版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ニッポン・モダン ミツヨ・ワダ・マルシアーノ(著) - 名古屋大学出版会
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: ト|ニ|楽天|地方小|鍬谷|日貿|西村|八木
直接取引: あり(自社)

ニッポン・モダン 日本映画1920・30年代

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
280ページ
上製
定価 4,600円+税
ISBN
978-4-8158-0604-0   COPY
ISBN 13
9784815806040   COPY
ISBN 10h
4-8158-0604-7   COPY
ISBN 10
4815806047   COPY
出版者記号
8158   COPY
 
Cコード
C3074
専門 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年1月1日
書店発売日
登録日
2021年2月5日
最終更新日
2021年2月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-24 朝日新聞  朝刊
評者: 生井英考(立教大学アメリカ研究所所員)

紹介

大衆文化のつくり上げた近代――。日本の近代という比類ない「国民的」経験に、映画はどのように関わったのか。東京の都市空間、小市民映画ジャンル、近代スポーツ、女性映画、松竹蒲田調スタイルを焦点に、日本映画の最も魅力的な時代を重層的にとらえ、戦前の文化への視角転換をせまる必読の映画論。

目次

序 章
古典的日本映画
映画と日本の近代
映画と視覚のコミュニティー
近代の具現化

第1章 近代空間の創造
映画空間の複数性
映画と都市
中産階級の家庭空間
懐かしさの空間、故郷の創造
他者との境界空間

第2章 ナショナル・シネマにおけるジャンル
――小市民映画
1920年代から30年代の日本映画のジャンル
小市民映画ジャンル
ジャンルとスタジオ・システム
小市民映画、『生まれてはみたけれど』、そして近代的主体

第3章 近代性、映画、そして「ナショナル・ボディー」の構築
「学生スポーツ映画」の近代
綻びのあるテクスト

第4章 女性映画
日本における女性映画
両大戦間期における女性映画
モダン・ガール
『東京の女』における近代の征服
身体言説としての女優
消費主体としてのモガ
モガ、自立した主体の記号

第5章 松竹蒲田調
日本における「近代」の複数性
松竹蒲田調
『隣の八重ちゃん』
近代的な主体性
日本の近代と高級芸術
「西洋」の分岐と日本近代の共存
ナショナル・アイデンティティーと松竹蒲田映画

終 章

あとがき

参考文献
図版出所一覧
人名・映画作品名索引

上記内容は本書刊行時のものです。