版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
きみが死んだあとで 代島治彦(著/文) - 晶文社
..
詳細画像 0

書店員向け情報

9784794972699

きみが死んだあとで

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晶文社
四六判
444ページ
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-7949-7269-9   COPY
ISBN 13
9784794972699   COPY
ISBN 10h
4-7949-7269-5   COPY
ISBN 10
4794972695   COPY
出版者記号
7949   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年6月3日
最終更新日
2021年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-05 読売新聞  朝刊
評者: 仲野徹(大阪大学教授・生命科学者)
2021-08-28 朝日新聞  朝刊
評者: 戸邉秀明(東京経済大学教授・日本近現代史)
MORE
LESS

紹介

1967年、10・8羽田闘争。同胞・山﨑博昭の死を背負った14人は、その後の時代をどう生きたのか? 全共闘世代の証言と、遅れてきた世代の映画監督の個人史が交差する、口承ドキュメンタリー完全版。

1967年10月8日、佐藤栄作首相の南ベトナム訪問阻止を図る全学連が、羽田・弁天橋で機動隊と激突、当時18歳だった京大生・山﨑博昭さんが死亡した10・8羽田闘争。この〈伝説の学生運動〉に関わった若者たちのその後を描いた長編ドキュメンタリー映画『きみが死んだあとで』を書籍化。
山本義隆(元東大全共闘議長)、三田誠広(作家)、佐々木幹郎(詩人)をはじめ、当時の関係者への延べ90時間に及ぶ取材メモをもとにした、映画未収録インタビューを含む口承ドキュメンタリー完全版。「しらけ世代」の代島監督がいちばん憧れた「全共闘世代」のヒーロー、秋田明大(元日大全共闘議長)に迫る書き下し原稿も掲載! 若者は「10.8後」をどう生きたのか。あの時代の貴重な証言がここに。

【目次】
はじめに
「よく見比べてから判断したいので、いまは入りません」とお断りしました。──向千衣子さんの話
映画『きみが死んだあとで』を撮るにいたった動機
捕虜を撃ち殺す写真を見たのは大きかった。──北本修二さんの話
内ゲバは厭やね。だけど指令があれば、いや、わからないな……。──山﨑建夫さんの話
ぼくの話 1
だから「襟裳岬」をふと耳にするだけで胸がジンとする。──三田誠広さんの話
もうちょっとで山﨑の一周忌やなあと思ったんですけど、その前にやめました。──岩脇正人さんの話
ぼくの話 2
何の役にも立たない老人に、何の意味があるんだと思うでしょうけど。──佐々木幹郎さんの話
49歳ではじめて没頭したんです、いまの仕事に。──赤松英一さんの話
ぼくの話 3
大学では剣道部。もともとは右翼ちっくな少年だったんですが。──島元健作さんの話
わが子に「命」が何なのかを教えてもらいました。──田谷幸雄さんの話
ぼくの話 4
高校時代は何にでもなれると思ってたけど、何にもなれなかったっていうような人生ですね。──黒瀬準さんの話
エイッて、機動隊に追われてホームから線路に飛び降りたんですよ。──島元恵子さんの話
ぼくの話 5
私の救援の原点は、じつは子どもたちなんですよね。──水戸喜世子さんの話
ぼくの話 6
護送車のバックミラーに映った顔を見たら憑かれた顔で「これがハタチの俺なんやなあ」って。──岡龍二さんの話
ぼくの話 7
俺いなくなったら、絶対集まらないから待ってるしかない。だから、ひとりで待っているんだよ。──山本義隆さんの話
ぼくの話 8 終章
あとがき
登場人物紹介
本書に登場する用語の簡易解説
参考・引用文献
関連年表

目次

【目次】
はじめに
「よく見比べてから判断したいので、いまは入りません」とお断りしました。──向千衣子さんの話
映画『きみが死んだあとで』を撮るにいたった動機
捕虜を撃ち殺す写真を見たのは大きかった。──北本修二さんの話
内ゲバは厭やね。だけど指令があれば、いや、わからないな……。──山﨑建夫さんの話
ぼくの話 1
だから「襟裳岬」をふと耳にするだけで胸がジンとする。──三田誠広さんの話
もうちょっとで山﨑の一周忌やなあと思ったんですけど、その前にやめました。──岩脇正人さんの話
ぼくの話 2
何の役にも立たない老人に、何の意味があるんだと思うでしょうけど。──佐々木幹郎さんの話
49歳ではじめて没頭したんです、いまの仕事に。──赤松英一さんの話
ぼくの話 3
大学では剣道部。もともとは右翼ちっくな少年だったんですが。──島元健作さんの話
わが子に「命」が何なのかを教えてもらいました。──田谷幸雄さんの話
ぼくの話 4
高校時代は何にでもなれると思ってたけど、何にもなれなかったっていうような人生ですね。──黒瀬準さんの話
エイッて、機動隊に追われてホームから線路に飛び降りたんですよ。──島元恵子さんの話
ぼくの話 5
私の救援の原点は、じつは子どもたちなんですよね。──水戸喜世子さんの話
ぼくの話 6
護送車のバックミラーに映った顔を見たら憑かれた顔で「これがハタチの俺なんやなあ」って。──岡龍二さんの話
ぼくの話 7
俺いなくなったら、絶対集まらないから待ってるしかない。だから、ひとりで待っているんだよ。──山本義隆さんの話
ぼくの話 8 終章
あとがき
登場人物紹介
本書に登場する用語の簡易解説
参考・引用文献
関連年表

著者プロフィール

代島治彦  (ダイシマハルヒコ)  (著/文

代島治彦(だいしま・はるひこ)
1958年、埼玉県生まれ。映画監督、映画プロデューサー。『三里塚のイカロス』(2017年/監督)で第72回毎日映画コンクール・ドキュメンタリー映画賞受賞。他の映画作品に『パイナップル ツアーズ』(1992年/製作/第42回ベルリン国際映画祭招待作品・第33回日本映画監督協会新人賞受賞)、『まなざしの旅 土本典昭と大津幸四郎』(2010年/監督/2011年度山形国際ドキュメンタリー映画祭クロージング上映作品)、『オロ』(2012年/製作)、『三里塚に生きる』(2014年/監督/2014年度台湾国際ドキュメンタリー映画祭オープニング作品)、『まるでいつもの夜みたいに~高田渡東京ラストライブ~』(2017年/監督)がある。1994年から2003年まで、映画館BOX東中野(2004年以降は「ポレポレ東中野」)の代表を務めた。テレビ番組『戦争へのまなざし 映画作家・黒木和雄の世界』(2006年/NHK・ETV特集)でギャラクシー賞奨励賞を受賞。著書は『ミニシアター巡礼』(2011年/大月書店)など。

上記内容は本書刊行時のものです。