版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ボストン美術館 富田幸次郎の五〇年 橘 しづゑ(著) - 彩流社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販|弘正堂|JRC|日キ販|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品常時承諾しています。了解書が必要な場合、玉崎了解でご返品ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784779128240

ボストン美術館 富田幸次郎の五〇年 たとえ国賊と呼ばれても

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩流社
A5判
縦215mm 横155mm 厚さ20mm
重さ 424g
264ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7791-2824-0   COPY
ISBN 13
9784779128240   COPY
ISBN 10h
4-7791-2824-2   COPY
ISBN 10
4779128242   COPY
出版者記号
7791   COPY
Cコード
C0023  
0:一般 0:単行本 23:伝記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年5月
書店発売日
登録日
2022年3月24日
最終更新日
2022年5月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

なぜボストン美術館はアジア美術の宝庫なのか!
そのキーマン富田幸次郎の全貌!

富田幸次郎(1890~1976)は東洋美術コレクションで名高い、
米国ボストン美術館のアジア部長を戦前、戦中、戦後の32年間
(1931~1963)勤めた人物である。
「岡倉覚三(天心1863~1913)最後の弟子」と伝えられながらも、
日本では、その経歴や業績はあまり知られていない謎の人物でもある。

本書は、富田幸次郎の生い立ち、アメリカに渡った経緯、アメリカで
どんな人々に出会い、どのような活動をしたのかを探りながら人物像に迫り、
また、彼のアメリカにおける活動を解明することによって、20世紀前半の
日米間の緊張が高まるなかにあって、「ボストン日本古美術展覧会」という
一大イベントを成功させ、欧米人の日本文化への関心を多いに高めるとともに、
その後の日米文化交流の道を切り拓いた知らざる歩みを明らかにするものである。

目次内容
はじめに
 第一部 ボストン美術館アジア部キュレーターへの道のり
第一章 父親、蒔絵師富田幸七──漆の近代を見つめて(1854~1910)
第二章 幸次郎の生い立ちと米国留学(1890~1907)
第三章 ボストン美術館──めぐり合う人々(1908~1915)
第四章 目覚め──美術史家として(1916~1930)
     ──アーサー・ウエーリと司馬江漢の落款をめぐる論争考
 第二部 富田幸次郎の文化交流──日米戦争のはざまを米国で生きる
第五章 祖国に国賊と呼ばれて(1931~1935)
     ──『吉備大臣入唐絵詞』の購入
第六章 1936年「ボストン日本古美術展覧会」の試み(1936~1940)
     ──戦間期における日米文化交流の一事例として
終 章 太平洋戦争とその後(194 ~1976)
富田孝次郎年譜

目次

はじめに
 第一部 ボストン美術館アジア部キュレーターへの道のり
第一章 父親、蒔絵師富田幸七──漆の近代を見つめて(1854~1910)
第二章 幸次郎の生い立ちと米国留学(1890~1907)
第三章 ボストン美術館──めぐり合う人々(1908~1915)
第四章 目覚め──美術史家として(1916~1930)
     ──アーサー・ウエーリと司馬江漢の落款をめぐる論争考
 第二部 富田幸次郎の文化交流──日米戦争のはざまを米国で生きる
第五章 祖国に国賊と呼ばれて(1931~1935)
     ──『吉備大臣入唐絵詞』の購入
第六章 1936年「ボストン日本古美術展覧会」の試み(1936~1940)
     ──戦間期における日米文化交流の一事例として
終 章 太平洋戦争とその後(194 ~1976)
富田孝次郎年譜

著者プロフィール

橘 しづゑ  (タチバナシヅエ)  (

1954年、静岡県生まれ。
長年、茶道と花道の研鑽を続ける。
50歳を過ぎ、それらの学問的な裏付けの必要性を感じ、
東京女子大学現代文化学部に編入し社会人学生となる。
1990年代、夫の赴任に伴い家族で1年間ボストンに住み、豪華絢爛な
ボストン美術館の日本コレクションに驚いた経験をもつ。
学部卒業論文ではボストン美術館アジア部長であった富田幸次郎を
とりあげる。大学院時代には、二度の渡米調査を試みつつ独自に調査を重ね、
博士論文『富田幸次郎研究──日米文化交流における役割』を執筆。
東京女子大学大学院人間科学研究科修了。博士(人間文化科学)。

上記内容は本書刊行時のものです。