版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
もっと! ダニエル・Z・リーバーマン(著/文) - インターシフト
..

もっと! 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学

四六判
縦188mm 横130mm 厚さ22mm
344ページ
定価 2,100円+税
ISBN
9784772695701
Cコード
C0040
一般 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月
書店発売日
登録日
2020年7月13日
最終更新日
2020年9月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-10-17 毎日新聞  朝刊
評者: 養老孟司(解剖学者)

紹介

■私たちを熱愛・冒険・創造・成功に駆り立て、
人類の運命をも握るドーパミンとは? ■

ドーパミンは、よく言われる「快楽物質」ではない。

脳の2つの回路 ーー「欲求ドーパミン」によって〈期待〉を駆り立て、
「制御ドーパミン」によって〈達成への力〉をもたらすのだ。

・創造力の源
・先を見越した戦略
・恋愛が長続きしないわけ
・依存症・精神病のリスク
・飽きっぽさ、充足感の欠乏
・支配と服従の関係
・変化に適応できる柔軟さ
・保守・リベラルの気質
・人類の大いなる進歩と破滅
 ・・・
すべて「もっと!」を求めてやまないドーパミンが鍵を握る。

そして、未来志向のドーパミンと「いまここ」志向のH&Nとの
バランスこそ、脳の潜在能力をもっとも解き放つ。

★Forbes誌「年間ベストブック」受賞!
★激賞!
V.S.ラマチャンドラン + ダニエル・ピンク + デイヴィッド・イーグルマン

◎ 新たな洞察にあふれている ーー V.S.ラマチャンドラン
◎ 驚嘆すべき偉業だ ーー ダニエル・ピンク
◎ 読み始めたら止まらない ーー デイヴィッド・イーグルマン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::著者::
ダニエル・Z・リーバーマン
ジョージワシントン大学の精神医学・行動科学部教授および
クリニカル・アフェアーズ副議長。アメリカ精神医学会の特別研究員。

マイケル・E・ロング
ライター、スピーチライター、脚本家。ジョージタウン大学でライティングを教える。
プロフェッショナル・スピーチライターズ協会の常任コーチ。

::訳者:: 梅田智世
翻訳家。訳書は、リアム・ドリュー『わたしは哺乳類です』、
ダレン・ナッシュ『ビジュアル 恐竜大図鑑』など。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::
はじめに: 上と下
第1章: 愛 ーー 恋愛から友愛へ
第2章: 依存症 ーー「欲求ドーパミン」の駆動力
第3章: 支配 ーー「制御ドーパミン」の達成力
第4章: 創造と狂気 ーーすごい発想が生まれる源
第5章: 政治 ーー 保守とリベラルの脳の違い
第6章: 進歩 ーー 新しさを求め冒険する気質
第7章: 調和 ーー ドーパミンとH&Nのバランスをとる

目次

●はじめに: 上と下

●第1章: 愛 ーー 恋愛から友愛へ
ドーパミンは快楽物質ではない/報酬予測誤差/身体の近く・遠く/
友愛を司るH&N/ドーパミン停止がオーガズムをもたらす 

●第2章: 依存症 ーー「欲求ドーパミン」の駆動力
あなたの脳は誰が支配している?/人はなぜ幻影の世界に生きるのか/
抑制できなくなる/幸福が逃げ去るわけ/欲求ドーパミンに対抗する

●第3章: 支配 ーー「制御ドーパミン」の達成力
先を見越した戦略/自己効力感/「代理的」関係、「親和的」関係/服従による支配/
けっして満足できない人/ドーパミンに良心はない/熱い暴力・冷たい暴力/
感情を抑制し、危機を脱する/遠くから殺すほうが簡単だ/意志力訓練マシン

●第4章: 創造と狂気 ーー すごい発想が生まれる源
幻覚と妄想/サリエンシー/精神障害のショート回路/潜在抑制低下と芸術/
メンタルタイムトラベル/脳を刺激して創造力を高める/
創造と狂気が交わる場所/夢の培養テクニック/喜びの代償

●第5章: 政治 ーー 保守とリベラルの脳の違い
政治的傾向と性格/変化に対応できる力/遺伝子による分断/政策か、慈善か/
セックスを楽しめるのはどちら?/ なぜリスク管理を誤るのか/人を保守にするには?/
道徳的判断を変える薬/人をリベラルにするには?/脳と権力

●第6章: 進歩 ーー 新しさを求め冒険する気質
人類の大いなる移動/冒険好きと7Rアレル/ドーパミンと移動距離/
新しい生活様式に順応できるタイプ/双極性障害/移民の多い国の遺伝子/
発明家、起業家、ノーベル賞受賞者/人間の本質/ドーパミンが人類を滅ぼす?

●第7章: 調和 ーー ドーパミンとH&Nのバランスをとる
生産性の高い不幸、幸福な怠惰/熟練の技/五感からのデータ/花とコンクリート/
倍増するミス/マインドワンダリング/脳と手/幸せにはどちらも必要

著者プロフィール

ダニエル・Z・リーバーマン  (ダニエルリーバーマン)  (著/文

ジョージワシントン大学の精神医学・行動科学部教授。
アメリカ精神医学会の特別研究員。

マイケル・E・ロング  (マイケルロング)  (著/文

ライター、スピーチライター、脚本家。ジョージタウン大学でライティングを教える。
プロフェッショナル・スピーチライターズ協会の常任コーチ。

梅田智世  (ウメダチセイ)  (翻訳

翻訳家。訳書は、リアム・ドリュー『わたしは哺乳類です』、ダレン・ナッシュ『ビジュアル 恐竜大図鑑』など。

上記内容は本書刊行時のものです。