版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
歩く江戸の旅人たち 谷釜 尋徳(著/文) - 晃洋書房
..

書店員向け情報

9784771032941

歩く江戸の旅人たち スポーツ史から見た「お伊勢参り」

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晃洋書房
四六判
208ページ
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-7710-3294-1   COPY
ISBN 13
9784771032941   COPY
ISBN 10h
4-7710-3294-7   COPY
ISBN 10
4771032947   COPY
出版者記号
7710   COPY
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月30日
書店発売日
登録日
2020年3月12日
最終更新日
2020年3月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-11 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 陣野俊史(文芸評論家)
2021-08-28 日本経済新聞  朝刊
評者: 生島淳(スポーツジャーナリスト)
2020-05-02 朝日新聞  朝刊
評者: 大矢博子(書評家)
2020-04-18 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

もはや、アスリート?!
知られざる長距離徒歩旅行の世界

総歩行距離2000キロ以上にもおよぶ、老若男女が毎日歩き続ける伊勢神宮への旅は、どのようにして可能となったのでしょうか。
旅のルートと歩行距離を割り出し、徒歩での旅を可能とした旅人の身体技法や装い、健脚を支えた街道の交通インフラやマナー、旅の家計簿などから、江戸の庶民に愛された「お伊勢参り」の旅をひも解きます。

目次

第1章 旅のルートと歩行距離
1 伊勢参宮ルートの類型
2 伊勢参宮の旅の歩行距離
3 道中の歩行と自然環境との関連性

第2章 幕末~明治初期の日本人の歩き方
1 日本人の歩行に関するこれまでの研究
2 幕末~明治初期の日本人の歩き方
3 歩行の規制

第3章 街道の必須アイテム「棒」
    使い道と身体技法
1 杖
2 肩運搬での棒使い
3 棒を使った休息方法

第4章 旅の履物
1 旅装としての草鞋の機能と重要性
2 旅人の草鞋着用の割合と街道筋の草鞋の販売
3 草鞋の値段と耐久性

第5章 旅の家計簿
1 江戸の人々の経済事情
2 農民の伊勢参宮にみる旅の家計簿
3 江戸の豪商の旅費
4 旅費の調達手段
 講と御師

第6章 旅人の健脚を支えたもの
1 交通インフラの整備
2 身軽な旅を可能にした条件
3 歩行者の交通マナー

第7章 近代化による旅の変化
1 明治二九年の岩手県からの伊勢参宮
2 道中の移動手段
3 道中の楽しみ方
4 近世と近代の過渡期の旅
  何が変わり、何が残ったのか

著者プロフィール

谷釜 尋徳  (タニガマヒロノリ)  (著/文

東洋大学法学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。