版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
命に〈価格〉をつけられるのか ハワード・スティーヴン・フリードマン(著) - 慶應義塾大学出版会
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

直接取引: あり(自社)

命に〈価格〉をつけられるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
320ページ
上製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-7664-2736-3   COPY
ISBN 13
9784766427363   COPY
ISBN 10h
4-7664-2736-X   COPY
ISBN 10
476642736X   COPY
出版者記号
7664   COPY
 
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年4月30日
書店発売日
登録日
2021年2月24日
最終更新日
2021年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-29 日本経済新聞  朝刊
評者: 岡崎哲二(東京大学教授)

紹介

▼人の命についている「値段」とはいったい何?
▼テロ事件の犠牲者の補償金が違うのはなぜか?
▼命の「正しい」価値づけは存在するのか?

9.11 テロの犠牲者、殺人事件、死亡事故の賠償金はどのように決められるのか? 生命保険や公害対策のために計算される人命の価値とは?
経済学者、統計の専門家、規制当局が駆使する「統計的生命価値(VSL)」の豊富な例をわかりやすく解説し、「人の命」とは何かという問題に向き合う。

目次

第1章 お金か命か?

第2章 2つのタワーが崩れるとき――9・11同時多発テロの場合

第3章 司法に正義はあるか?――法律と裁判における命の価格づけ

第4章 水のなかのわずかなヒ素――規制機関による命の価値評価

第5章 誰の財布で利益を最大化するか?――企業による命の計算と労働市場

第6章 祖父のように死にたい――生命保険で命の値札はどう決まるのか

第7章 若返りたい――健康の価値と医療保険

第8章 子育てをする余裕はあるか?――出産の選択と子どもの命

第9章 壊れた計算機――バイアスがもたらす問題

第10章 次にどうするか?――命の価格のつけ方

 謝辞
 訳者あとがき
 注
 より知りたい人のための読書案内
 索引

著者プロフィール

ハワード・スティーヴン・フリードマン  (ハワード スティーヴン フリードマン)  (

1972年生まれ。データサイエンティスト、医療経済学者、文筆家。ニューヨーク州ビンガムトン大学で応用物理学の学士号を取得後、ジョンズ・ホプキンス大学で統計学の修士号と生体医工学のPh.D.を取得。データサイエンス、統計学、医療経済学、政治学の分野で約100本の学術論文や書籍の章を(共同)執筆。現在は国連人口基金(UNFPA)に勤める傍ら、コロンビア大学准教授でもある。

南沢 篤花  (ミナミサワ アイカ)  (

大阪府立大学工学部卒。慶應義塾大学文学部卒。英日翻訳家。主な訳書に『セールスライティング・ハンドブック』(翔泳社刊)、『コーディネーター』(論創社刊)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。