版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
社会学はどこから来てどこへ行くのか 岸 政彦(著/文) - 有斐閣
..

社会学はどこから来てどこへ行くのか

発行:有斐閣
四六判
372ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784641174412
Cコード
C1036
教養 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年9月27日
最終更新日
2018年10月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-01-06 読売新聞  朝刊
評者: 鈴木洋仁(東洋大学研究助手、社会学者)
2018-12-02 産經新聞  朝刊

紹介

社会学界を牽引する4人のトップランナーによるリレー対談!
「社会学は,これからどうなるのか?」「専門の違う立場からすると,社会はどう違って見えるのか」「違って見えるとしても,本当に重要なのは○○ではないか…?」企画のスタートから3年,定期的に対談を重ねて,ときに雑談(ただし真摯な),ときに学問の最先端を語りながら,ようやく一冊の本になった力作です。

目次

はじめに
第1章 社会学はどこから来てどこへ行くのか
第2章 社会学は何に悩み,何を伝えたいのか
第3章 社会学は何をすべきで,何ができるのか
第4章 質的調査と量的調査は対話可能か
第5章 フェイクニュースに騙されないための《社会調査》のすすめ
第6章 社会学の仕事の実際
第7章 データの正しさと〈相場感〉
第8章 再び,社会学はどこから来てどこへ行くのか

上記内容は本書刊行時のものです。