版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
山のパンセ 串田 孫一(著) - 山と溪谷社
...
ヤマケイ文庫

山のパンセ

発行:山と溪谷社
縦150mm
509ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-635-04765-4
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2013年10月
登録日
2016年9月9日
最終更新日
2016年9月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-10 毎日新聞  朝刊
評者: 小野静男(弦書房代表)

紹介

当時、40歳代の串田孫一の、山にまつわる思想、思索などを平易な文章で綴った随想集。四季にわたって山行をした紀行も多く、内容はバラエティに富んでいる。1957年に実業之日本社から出版され、好評を博し、62年『山のパンセ2』、63年『山のパンセ3』があいついで出版された。本著作は全91編を収録し、1冊に合本されたもの。超ロングセラーとなった串田文学の代表作である。

目次

1(山での行為と思考
ふたりの山
ひとりの山 ほか)
2(岩壁
残雪の頃
幻影 ほか)
3(山の歌
朝の祈り
岩の沈黙 ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。