版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
家をつくる 王澍(著/文) - みすず書房
..

書店員向け情報

9784622090090

家をつくる

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:みすず書房
A5判
重さ 700g
372ページ
定価 4,800円+税
ISBN
978-4-622-09009-0   COPY
ISBN 13
9784622090090   COPY
ISBN 10h
4-622-09009-0   COPY
ISBN 10
4622090090   COPY
出版者記号
622   COPY
Cコード
C0052
一般 単行本 建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年6月16日
書店発売日
登録日
2021年4月23日
最終更新日
2021年6月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-04 朝日新聞  朝刊
評者: 阿古智子(東京大学教授・現代中国研究)
MORE
LESS

紹介

「家をつくることは、小さな世界をつくることである。
ひとつの世界をつくることは、
第一に人のこの世界に対する態度によって決まる。」

"建築界のノーベル賞"といわれるプリツカー賞を中国人としてはじめて受賞した建築家、王澍(ワン・シュウ)。
急速な都市化の時代の到来を前に、建築家は「隠遁」を選び、中国の伝統文化に根ざした建築のあり方を思考した。
〈中国美術学院象山キャンパス〉〈水岸山居〉〈寧波博物館〉等の建築作品の設計コンセプトはじめ、その背景にある思想、都市・景観論から自身のライフヒストリーまで、豊潤な世界観が語られる。

目次

自序 素朴を家となす

■意識
園林をつくること、人を育てること/自然形態の叙事と幾何学/虚構の都市に向かって/「空間」が立ち現れるとき/営造についての瑣記/循環的建造の詩学――自然のような世界の構築に向けて/対岸の山を訪ねて――豊かな差異性を集合する建築の類型学/断面からの視野――上海万博滕頭案例館/かつて貶められた世界が再び立ち現れるために/樹石の世界へ

■言語
中国美術学院象山キャンパス/寧波美術館――その場所に立つことで見えるもの/中山路――一本の街道の復興と一つの都市の復興

■対話
反逆の道程/別の世界の縁に触れる/精神の山水/自然に還る道/問答録 人ひとりにはどれくらいの大きさの家が必要か?

あの日

訳者解題(市川紘司)/作品譜

著者プロフィール

王澍  (ワンシュウ)  (著/文

1963年中国新疆ウイグル自治区ウルムチ生まれ。中国美術学院建築芸術学院院長。南京工学院(現・東南大学)修了後、浙江美術学院(現・中国美術学院)に勤務。2000年に同済大学で博士号取得後、中国美術学院教授に就任、2007年より現職。東南大学、同済大学でも教鞭を執るほか、ハーバード大学大学院デザイン学部丹下健三記念客員教授(2011)、香港大学、マサチューセッツ工科大学客員教授も務める。1997年、杭州で、妻の陸文宇とともにアマチュア・アーキテクチュア・スタジオ(業余建築工作室)を設立。主な建築作品に蘇州大学文正学院図書館、寧波美術館、中国美術学院象山キャンパス、寧波歴史博物館、杭州中山路(南宋御街)保存改修計画、臨安博物館などがある。中国建設工程魯班奨(2009)、エーリッヒ・シェリング建築賞(2010)、フランス建築アカデミーゴールドメダル(2011)、プリツカー賞(2012)など受賞多数。著書に本書原著『造房子』(湖南美術出版社、2016)、『設計的開始』(中国建築工業出版社、2002)がある。

市川紘司  (イチカワコウジ)  (翻訳

1985年東京都生まれ。東北大学大学院工学研究科助教。桑沢デザイン研究所非常勤講師。専門はアジアの建築都市史。博士(工学)。東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手、明治大学理工学部建築学科助教を経て現職。2013~2015年に清華大学建築学院に中国政府奨学金留学生(高級進修生)として留学。著作に『天安門広場──中国国民広場の空間史』(筑摩書房)など。

鈴木将久  (スズキマサヒサ)  (翻訳

1967年生まれ。現在、東京大学人文社会系研究科教授。専門は中国近現代文学。著書に『上海モダニズム』(中国文庫)など。訳書に柴静『中国メディアの現場は何を伝えようとしているか』(共訳、平凡社)、梁鴻『中国はここにある』(共訳、みすず書房)、孫歌『思想史の中の日本と中国』(東京大学出版会)など。

松本康隆  (マツモトヤスタカ)  (翻訳

1975年生まれ。南京工業大学建築学院特聘副教授。建築史専攻、博士学位論文「近代における茶室創作の動向について――三代木津宗詮・小林一三・笛吹嘉一郎の作風を通して」(京都工芸繊維大学、2006)。学位取得後、数寄屋の建築と庭に対する中国庭園の影響の研究を開始、2011年に日本語教師として渡中、東南大学建築学院ポストドクターを経て現職。

上記内容は本書刊行時のものです。