版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
テナント バーナード・マラマッド(著/文) - みすず書房
..

テナント

発行:みすず書房
四六判
重さ 415g
256ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784622089759
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年1月18日
書店発売日
登録日
2020年12月4日
最終更新日
2021年1月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-20 毎日新聞  朝刊
評者: 荒川洋治(現代詩作家)

紹介

1970年冬のニューヨーク、再開発で立ち退きを迫られながら、新作完成まではと居座るユダヤ系作家レサーはたったひとりの住人(テナント)のはずが……空き部屋から聞こえるタイプライターの音。もうひとり、だれかが書いている! 黒人ウィリーとの物書き同士の凄惨な対決がはじまる。激動の時代にマラマッドが挑戦したサイケデリックな異色作を、半世紀後の今日に向けて初紹介。
「『テナント』はアメリカの文学の歴史においてターニングポイントになっており、文学にアイデンティティー・ポリティクスが台頭してきたこと、〈純粋芸術〉の可能性への信頼がなくなってきたことの始まりを示している」(アレクサンドル・ヘモン)

著者プロフィール

バーナード・マラマッド  (バーナードマラマッド)  (著/文

1914-1986。ユダヤ系ロシア移民の子としてニューヨークのブルックリンに生まれる。学校で教えながら小説を書き、1952年、長編『ナチュラル』でデビュー。その後『アシスタント』(57)『もうひとつの生活』(61)『フィクサー(修理屋)』(66)『フィデルマンの絵』(69)、『テナント』(71)、『ドゥービン氏の冬』(79)『コーンの孤島』(82)の8作の小説を書いた。また短編集に『魔法の樽』(58)『白痴が先』(63)『レンブラントの帽子』(74)の3冊があり読者は多い。

青山 南  (アオヤマ ミナミ)  (翻訳

1949年生まれ。翻訳家・エッセイスト・アメリカ文学研究者・絵本作家。1973年、ジョン・ドス・パソス『さらばスペイン』で翻訳家デビュー。訳書にフィリップ・ロス『われらのギャング』『ゴースト・ライター』『素晴らしいアメリカ野球』、カルヴィン・トムキンズ『優雅な生活が最高の復讐である』、ジョーン・ディディオン『ベツレヘムに向け、身を屈めて』、ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』、バーナード・マラマッド『テナント』など。著書に『翻訳家という楽天家たち』『南の話』『60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ』など。絵本に『あんなかいぶつみたことない』。

上記内容は本書刊行時のものです。