版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「第二の不可能」を追え! ポール・J・スタインハート(著/文) - みすず書房
..

「第二の不可能」を追え! 理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ

発行:みすず書房
四六判
重さ 470g
392ページ
定価 3,400円+税
ISBN
9784622089346
Cコード
C0040
一般 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月1日
書店発売日
登録日
2020年7月21日
最終更新日
2020年9月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-10-24 (予定) 毎日新聞  朝刊
評者: 中村桂子(JT生命誌研究館名誉館長)
2020-10-17 日本経済新聞  朝刊
評者: 渡辺政隆(東北大学特任教授)

紹介

「いまや、物質のとりうる形態の数は、無限になった。」凄腕の理論物理学者とその仲間たちが、物質科学の新たな可能性を追う。「ペンローズ・タイル」のこのうえなく魅惑的な幾何学に触発されて著者たちが考案したのは、禁じられているはずの対称性をもつ、新しい形態の物質──名付けて、「準結晶」──の理論だった。
準結晶のコンセプトは単純で美しく、その意義はいまだに計り知れない。ゆえに著者たちの探究はとんでもない熱量のプロジェクトへと発展していく。幾何学、物性物理学、鉱物学、etc. etc. を渡り歩いてカムチャツカに至り、その旅路の先は宇宙へも通じていて……まさに「ありえない」ような知的アドベンチャー。
30年がかりの研究全体を貫いているのは、リチャード・ファインマンの薫陶を受けた著者が指針とする、「第二の不可能」への挑戦である。本書では不可能を可能にするような優れた科学者たちが、プロフェッショナルならではの離れ業を連発する。不可能に挑む研究は、最高に面白いのだ。上質な研究のスリルと興奮を凝縮した胸躍る科学ノンフィクション。

目次

はじめに

第I部 不可能を可能にする
1 ありえない!
2 ペンローズのパズル
3 抜け道を見つける
4 ふたつの研究室の物語
5 面白いものを見せよう
6 まったく不可能

第II部 探索が始まる
7 自然はわれわれの鼻をあかしているのか?
8 ルカ
9 準年おめでとう
10 あなたが不可能と言う場合
11 青チーム対赤チーム
12 神はあからさまに意地悪ではないにしても気まぐれ
13 「秘密の」秘密の日記
14 ヴァレリー・クリャチュコ
15 ありえないものを希少なものが囲む
16 アイコサヘドライト

第III部 なにがなんでもカムチャツカへ!
17 見失う
18 見つかる
19 九九パーセント
20 形勢逆転
21 L’Uomo dei Miracoli
22 自然の秘密

謝辞
訳者あとがき
図版出典一覧
索引

著者プロフィール

ポール・J・スタインハート  (ポールスタインハート)  (著/文

1952年生まれ。現在はプリンストン大学アルベルト・アインシュタイン記念教授として物理学部門と天体物理学部門の両方に所属。おもな専門は宇宙論、物性論。プリンストン理論科学センターの創設者であり、そのディレクターも長年務めた(2007-2019)。1980年代に宇宙のインフレーション理論を最初期に開拓したことで著名であり、その功績により、アラン・グース、アンドレイ・リンデとともに2002年のICTPディラック賞を受賞している。インフレーションのほかにも、サイクリック宇宙をはじめとする宇宙モデル、宇宙背景放射、重力波、ダークエネルギーなどをめぐる先駆的理論研究を次々に手掛けた。凝縮系物理学においてはThe Second Kind of Impossible: The Extraordinary Quest for a New Form of Matter (Simon & Schuster, 2019)〔『「第二の不可能」を追え!』(斉藤隆央訳、みすず書房、2020)〕で語られている準結晶の研究で大きな功績があるほか、種々のフォトニック材料の理論研究も進めている。

斉藤隆央  (サイトウタカオ)  (翻訳

翻訳者。1967年生まれ。東京大学工学部工業化学科卒業。化学メーカー勤務を経て、現在は翻訳業に専念。訳書に、ミチオ・カク『フューチャー・オブ・マインド』『2100年の科学ライフ』『サイエンス・インポッシブル』『パラレルワールド』(以上NHK出版)、オリヴァー・サックス『タングステンおじさん』、マット・リドレー(共訳)『やわらかな遺伝子』(以上早川書房)、ジェシカ・ワプナー『フィラデルフィア染色体』(柏書房)、E・O・ウィルソン『人類はどこから来て、どこへ行くのか』、ホヴァート・シリング『時空のさざなみ』(以上化学同人)、アリス・ロバーツ『生命進化の偉大なる奇跡』(学研プラス)、ニック・レーン『ミトコンドリアが進化を決めた』『生命の跳躍』『生命、エネルギー、進化』、ポール・J・スタインハート『「第二の不可能」を追え!』(以上みすず書房)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。