版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
時間 エヴァ・ホフマン(著/文) - みすず書房
..
発行:みすず書房
四六判
重さ 350g
208ページ
定価 4,000円+税
ISBN
9784622089094
Cコード
C1010
教養 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年6月1日
書店発売日
登録日
2020年4月22日
最終更新日
2020年5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

〈私たちは驚くほど時間的な生き物である。身体そのものがタイマーであり、精神と五感を通して時間を内面化し、内側から時間に構造を与える。それ以上に重要なのは、時間は意味と不可分だということだ。なぜなら時間は、人間に意味をもたらすための基本的な媒体であり条件だからだ。あらゆる実存的な問いの根源には、時間の有限性がある。人間は死の宿命の地平をどう乗り越えるか考え、自分自身の終末を認識しつつも、それに対抗する問いを立てる。限りある人生にどのような意味があるのか、そこから何を導きだせるのかと〉

生物学、文学、哲学、精神分析などジャンルを横断しながら、時間に対する万能感と人間的な時間への軽視に警鐘を鳴らし、ポストヒューマンの時代、テクノロジーとAIの時代に、人間はどう生きるべきかを問いかける、根底的かつアクチュアルな書。

目次


第一章 時間と身体
第二章 時間と心
第三章 時間と文
第四章 私たちの時代の時間

原注
謝辞
監訳者あとがき
参考文献
人名・作品名索引

著者プロフィール

エヴァ・ホフマン  (エヴァホフマン)  (著/文

1945年、ユダヤ人の両親のもとにポーランドのクラクフに生まれる。13歳でカナダに移住。アメリカのライス大学で英文学を学び、ハーバード大学大学院で博士号を取得。1979年より1990年まで『ニューヨーク・タイムズ』の編集者として活躍。1989年にノンフィクションとして高い評価を得た自伝Lost in Translation: A Life in a New Languageを出版し、作家生活に入る。代表作『記憶を和解のために――第二世代に託されたホロコーストの遺産』(2004、早川敦子訳、みすず書房2011)のほか、小説The Secret (2001)、『シュテットル――ポーランド・ユダヤ人の世界』(1997、小原雅俊訳、みすず書房2019)、Illuminations (2007)、『時間』(2009、早川敦子監訳、みすず書房2020)、How to Be Bored (2016)、東日本大震災後の日本を訪れ、メッセージを託した『希望の鎮魂歌――ホロコースト第二世代が訪れた広島、長崎、福島』(早川敦子編訳、岩波書店2017)など。現在イギリスに在住。

早川敦子監訳  (ハヤカワアツコ)  (監修 | 翻訳

1960年生まれ。津田塾大学大学院文学研究科博士課程終了。英国エディンバラ大学大学院、オックスフォード大学大学院留学。津田塾大学学芸学部英語英文学科教授。主著に『翻訳論とは何か――翻訳が拓く新たな世紀』(彩流社)『世界文学を継ぐ者たち――翻訳家の窓辺から』(集英社新書)。主な訳書にチェスラー『マーガレット・サンガー――嵐を駆けぬけた女性』(日本評論社)、ミルン『こどもの情景』(パピルス)、シブリー『クマのプーさんの世界』(岩波書店)、ファン・デアロール/メッツェラー『マンガで学ぶナチスの時代I.・II』(汐文社)、ホフマン『記憶を和解のために――第二世代に託されたホロコーストの遺産』『時間』(ともにみすず書房)『希望の鎮魂歌』(岩波書店)、Silvery Trace(星野富弘・三浦綾子『銀色のあしあと』英訳、いのちのことば社)、A Green Turtle and a Boy(野坂昭如『ウミガメと少年』英訳、徳間書店)など。原爆詩の英訳(吉永小百合編、The Second Movement, Victor Entertainment Inc.)はライフワークでもある。

柳田利枝  (ヤナギダトシエ)  (翻訳

翻訳家(筆名 月沢李歌子)。訳書にホフマン『時間』(共訳、みすず書房)トゥーズ『暴落』全2巻(共訳、みすず書房)マクリスタル他『LEADERS』(日経BP)ほか。津田塾大学非常勤講師。

上神弥生  (ウエガミヤヨイ)  (翻訳

1987年生まれ。津田塾大学大学院文学研究科博士課程修了。津田塾大学学芸学部英語英文学科助教。訳書にホフマン『時間』(共訳、みすず書房)。

香山はるの  (カヤマハルノ)  (翻訳

津田塾大学大学院文学研究科博士課程修了。跡見学園女子大学文学部教授。主要業績に「トロロープと西インド諸島――ジャマイカの『黒い人』を中心に」(泰邦生他編著『〈終わり〉への遡行――ポストコロニアリズムの歴史と使命』所収、英宝社)、訳書 ホフマン『時間』(共訳、みすず書房)。

和田直  (ワダスナオ)  (翻訳

1983年生まれ。津田塾大学大学院文学研究科修士課程、およびエディンバラ大学大学院翻訳学研究修士課程修了。訳書にホフマン『時間』(共訳、みすず書房)。

小川真都果  (オガワマドカ)  (翻訳

1991年生まれ。津田塾大学大学院文学研究科修士課程修了。訳書にホフマン『時間』(共訳、みすず書房)。

上記内容は本書刊行時のものです。