版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ナガサキ スーザン・サザード(著/文) - みすず書房
..

ナガサキ 核戦争後の人生

発行:みすず書房
四六判
重さ 570g
464ページ
定価 3,800円+税
ISBN
9784622088189
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年7月1日
書店発売日
登録日
2019年5月28日
最終更新日
2019年6月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-08-17 日本経済新聞  朝刊
評者: 橋爪大三郎(社会学者)
2019-08-10 朝日新聞  朝刊
評者: 西崎文子(東京大学教授・アメリカ政治外交史)

紹介

「人類の歴史において核兵器の攻撃とその後の惨状を生き抜いてきた唯一の人々である被爆者。人生の終わりの時期に差しかかっている彼らの記憶のなかには私たちの心を奮い立たせるような、核戦争による長期の破滅的影響についての明白な事実が刻まれている」
郵便局の配達員、路面電車の運転士あるいは軍需工場に駆り出されるごくふつうの10代の若者だった「語り部」たちのあの日――1945年8月9日、原子雲下の「同日同刻」から苦難とともに生きのびた「長い戦後」まで。「赤い背中の少年」ほか5人の主要登場人物とその家族、関係者への聞き書きにくわえ、他の多くの被爆者や治療に携わった医師たちが残した証言、アメリカ軍兵士・司令官の手記、戦略爆撃調査団報告をはじめ占領軍検閲政策、原爆傷害調査委員会をめぐる公文書資料などにあたりながら、12年の歳月をかけ書きあげられたノンフィクション。被爆者の側に徹底的に寄り添った本書の姿勢は、2015年に刊行されるや「原爆投下不可避」論の根強いアメリカ国内で議論を呼び起こした。
「スーザン・サザードはジョン・ハーシーが広島のためにした以上のことを長崎でおこなった。本書は綿密で情熱的、思いやりに満ちたこのうえない歴史書だ」(ジョン・ダワー)

目次

まえがき

プロローグ
第1章 集束
第2章 爆発点
第3章 残り火
第4章 被爆
第5章 動かぬ時
第6章 浮揚
第7章 新たなる人生
第8章 忘却に抗して
第9章 がまん

謝辞

訳者あとがき
索引
図版出典

著者プロフィール

スーザン・サザード  (スーザンサザード)  (著/文

アメリカのノンフィクション作家。アンティオーク大学LA校で修士号取得。「ニューヨーク・タイムズ」「ロサンゼルス・タイムズ」「ポリティコ」などに寄稿し、アリゾナ州立大学、ジョージア大学でノンフィクション講座を受け持つ。デビュー作Nagasaki: Life After Nuclear War(Viking Penguin, 2015〔『ナガサキ――核戦争後の人生』宇治川康江訳、みすず書房〕)によりデイトン文学平和賞、J・アンソニー・ルーカス書籍賞受賞。また「エコノミスト」「ワシントン・ポスト」「カーカス・レビュー」の年間ベストブックに選出され、21人目となる「長崎平和特派員」に認定される。

宇治川康江  (ウジカワヤスエ)  (翻訳

1957年生まれ。葛飾野高等学校卒業後、NHK国際研修室(通訳コース)で学ぶ。あおぞら銀行、花王、みずほ銀行ほかで日英翻訳業務に携わり、現在はフリーランスの翻訳家。「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」会員。

上記内容は本書刊行時のものです。