版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
数値と客観性 セオドア・M・ポーター(著/文) - みすず書房
..

数値と客観性 科学と社会における信頼の獲得

発行:みすず書房
A5判
400ページ
定価 6,000円+税
ISBN
9784622077817
Cコード
C1040
教養 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
最終更新日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-04-13 日本経済新聞  朝刊
評者: 坂井豊貴(慶應大学教授、経済学者)

紹介

なぜ数値になると人は信頼(ときに過信)するのか。ギリスピーとクーンに学んだ科学史家が、19-20世紀イギリスの保険数理士、フランスの技術官僚、アメリカ陸軍技術団の3例から、社会現象が数値化されるプロセスを徹底追究。ひるがえって自然科学の領域での数値化の意味を逆照射する。エキスパート・ジャッジメント(専門家判断)に対する信頼がゆらぐとき――客観性の文化と政治をめぐる科学史・科学技術社会論の基本図書。

目次

日本語版への序/序/謝辞
はじめに――客観性という文化
第一部 数の力
第1章 自然記述の技巧の世界
第2章 社会を記述する数値が妥当とされるまで
第3章 経済指標と科学の価値
第4章 定量化の政治哲学
第二部 信頼の技術
第5章 客観性に対抗する専門家――会計士と保険数理士
第6章 フランスの国家技術者と技術官僚の曖昧さ
第7章 アメリカ陸軍技術者と費用便益分析の興隆
第三部 政治的な科学共同体
第8章 客観性と専門分野の政治
第9章 科学は共同体によってつくられている?
解題(藤垣裕子)/訳者あとがき/参考文献/原註/索引

上記内容は本書刊行時のものです。