版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
大政翼賛会のメディアミックス 大塚 英志(著/文) - 平凡社
..

大政翼賛会のメディアミックス 「翼賛一家」と参加するファシズム

発行:平凡社
四六判
304ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784582454536
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年10月26日
最終更新日
2018年12月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-09 朝日新聞  朝刊
評者: 椹木野衣(多摩美術大学教授、美術批評家)

紹介

みんな動員された──。



長谷川町子が描き、古川ロッパが歌い、手塚治虫が二次創作し、

みんなが投稿した「ニコニコ」メディアミックスの正体とは?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

戦時下、大政翼賛会が主導して「翼賛一家」というキャラクターが生みだされた。多くの新聞、雑誌にまんがが連載され、単行本もいくつか出版されるが、「翼賛一家」の展開はそれだけではない。それは、レコード化、ラジオドラマ化、小説化もされる国策メディアミックスであり、読者からの参加を募ることによって、大衆の内面を動員するツールだったのだ。 「町内」という世界観や銃後の心得を人々に教え込み、やがては植民地政策の一環として台湾へも進出する「翼賛一家」とは一体何だったのか──。 「自由な表現」が可能になった現在、私たちは無自覚に「表現させられて」はいないのか。現代への視座にも富んだ刺激的論考!


《目次》

序章 「翼賛一家」というまんががあった

第1章 メディアミックスする大政翼賛会

第2章 「町内」という世界

第3章 創作する「素人」たち

第4章 隣組からニコニコ共栄圏へ

第5章 手塚治虫は「翼賛一家」を描いたのか



付論  文化工作とメディアミックス

1 「漫画を描く読者」の成立……鈴木麻記

2 一九三〇年代中国漫画のメディアミックス……徐園

3 可東みの助の運命……大塚英志


著者プロフィール

大塚 英志  (オオツカ エイジ)  (著/文

批評家

上記内容は本書刊行時のものです。