版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
山梨ワイン探索~23組の生産者を訪ねて~ 森覚(著/文) - 美術出版社
..

山梨ワイン探索~23組の生産者を訪ねて~

発行:美術出版社
A5判
208ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784568506334
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月6日
最終更新日
2018年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-01-06 読売新聞  朝刊

紹介

<トップソムリエと実力派生産者との会話が「山梨ワイン」を解説!>
品質が上がって美味しくなり、人気の高まる日本ワイン。
そんな日本ワインの歴史を築いてきたのは、
明治時代からワインを造り続けてきた伝統産地「山梨」です。
世界中のワインを知る日本屈指のソムリエ森覚が、
足掛け7年、山梨を定期的に訪問。
畑やワイナリーでワイン生産者たちとじっくり語り合い、
彼らの本音を聞き出しました。
山梨にはどんなブドウ品種が合うのだろう?
ワイナリーの個性をワインに映し出すため醸造方法は?
試行錯誤を重ねる生産者たちの「本音」を読み進めていくにつれ、
山梨ワインの「現在」が見えてきます。
山梨在住のカメラマン標克明の写真が、
生産者たちの声にさらなる深みとリアリティを与えているのも、本書の特徴です。
山梨ワインの美味しさがわかる1冊です。

<カバーを開くと、山梨ワイン産地マップが現れる!>
生産者たちとの会話のなかには、
山梨ワインの原料ブドウ産地の地名も多く登場します。
本書のカバーを外して折り返しを開くと、
掲載ワイナリーや産地の位置関係がわかる大判の山梨ワインマップになります。
マップを片手に本を読み進めると、より山梨ワインの理解が深まるでしょう。

著者プロフィール

森覚  (モリサトル)  (著/文

コンラッド東京エグゼクティヴ ソムリエ。日本ソムリエ協会常務理事。
1977年生まれ。日本大学法学部を卒業後、
パーク ハイアット 東京、トゥールダルジャン東京を経て、
2013年にコンラッド東京にヘッドソムリエとして入社。16年より現職。
日本を代表するソムリエとして活躍し、
第5回全日本最優秀ソムリエコンクール(08年)、
第1回アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクール(09年)にて優勝。
A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール世界大会にも3大会に連続出場している。
17年、その活躍が認められ、「卓越した技能者(現代の名工)」厚生労働大臣表彰を同年最年少にて受賞。
著書に『オール・アバウト・メドック 生産者&ワインガイド』(小学館)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。