版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ブックセラーズ・ダイアリー ショーン・バイセル(著/文) - 白水社
..

書店員向け情報

9784560098554

ブックセラーズ・ダイアリー スコットランド最大の古書店の一年

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
四六判
335ページ
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-560-09855-4   COPY
ISBN 13
9784560098554   COPY
ISBN 10h
4-560-09855-7   COPY
ISBN 10
4560098557   COPY
出版者記号
560   COPY
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年5月31日
最終更新日
2021年7月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-10-02 (予定) 朝日新聞  朝刊
2021-09-04 日本経済新聞  朝刊
評者: 林望(作家)
MORE
LESS

紹介

本を買いに行ったはずが、書店を買ってしまった。

 著者は1970年、イギリス、スコットランドのウィグタウン生まれ。「自他共に認める田舎」である故郷を大学進学で離れたが、30歳のとき、クリスマスの帰省中に、立ち寄った老舗古書店「ザ・ブックショップ」を衝動買いしてしまう。諸手続きをへて翌年手に入った店は、いまや10万冊の在庫を擁するスコットランド最大の古書店だ。かつて国内最悪の失業率に苦しんでいたウィグタウンも、書店の町として知られるようになり、町にも店にも世界中から観光客が訪れる。
 とはいえ、由緒ある築約200年の建物は維持費がかさむ。厳冬期には客足が途絶え、一方で暖房費はばかにならない。さらに大手書店チェーン、のちには巨大資本アマゾンと電子書籍化という手ごわいライバルが行く手に立ちふさがる。時に奇天烈、時に傍若無人な日々の客たち。有能だけど変人の度が過ぎる従業員(いちばん変わっているのは著者自身だというのが客たちの評)。大人気イベントである秋のブックフェスティバルで起こる騒動の数々。心ゆさぶられる遺品買取。個人書店の店主は、毎日がサバイバル・ゲームだ!

著者プロフィール

ショーン・バイセル  (ショーン バイセル)  (著/文

1970年、イギリス、スコットランドのウィグタウン生まれ。大学進学で故郷を離れるが、30歳のとき、帰省中に立ち寄った老舗古書店「ザ・ブックショップ」を衝動買いしてしまう。現在は、国内で書店の町として知られるウィグタウンで、ブックフェスティバルの主催者も務める。

矢倉 尚子  (ヤグラ ナオコ)  (翻訳

上智大学文学部英文学科卒。おもな訳書に、ウェルドン『男心と男について』、ミン『マダム毛沢東――江青という生き方』(以上、集英社)、トマリン『ジェイン・オースティン伝』、ファウラー『ジェイン・オースティンの読書会』『私たちが姉妹だったころ』、フォスター『大学教授のように小説を読む方法』(以上、白水社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。