版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
死刑Ⅰ ジャック・デリダ(著/文) - 白水社
..
ジャック・デリダ講義録

死刑Ⅰ

発行:白水社
A5判
422ページ
定価 7,500円+税
ISBN
9784560098035
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年4月27日
最終更新日
2017年6月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-02-10 読売新聞  朝刊
評者: 宮下志朗(放送大学客員教授、仏文学者)
2017-07-30 読売新聞  朝刊
評者: 納富信留(東京大学教授・西洋古代哲学)

紹介

死刑存廃論を脱構築!
 ジャック・デリダは、死刑に関するセミネールを1999~2000年度と2000~01年度の二年度にわたって行なった。本書にはその第一年度が収録されている。
 死刑について考えるにあたっての出発点となるのは、パラダイム的な大いなる例(ソクラテス、イエス、ハッラージュ、ジャンヌ・ダルク)をはじめ、聖書からベッカリーア、ロック、カント、ユゴー、ジュネらを経由し、カミュやバダンテールに至る正典的テクスト、そして第二次世界大戦後の法的テクストの数々。
 死刑廃止運動の論理と修辞に関心を寄せた読解がなされ、とりわけ、アメリカ合衆国の歴史(1972年に死刑適用は違憲と判決した最高裁判所の決定から、1977年の執行再開などに至る歴史)には数多くの分析がついやされる。
 「私は、単にして純な、最終的な死刑廃止に投票します。」──このヴィクトール・ユゴーの声を力強く響かせながら、残酷さ、血、例外、恩赦、主権、利害……極刑のはらむ概念について、憲法や条約、文学作品とともに明解に問い直されてゆく哲学のディスクール! 死刑存廃論の全体を脱構築してゆく、政治神学‐死刑論。

著者プロフィール

ジャック・デリダ  (デリダ)  (著/文

1930~2004年。アルジェリア生まれ。フランスの哲学者。著書に「エクリチュールと差異」など。

高桑 和巳  (タカクワ カズミ)  (翻訳

1972年生まれ。慶應義塾大学理工学部准教授。博士課程退学(東京大学)。著書に『フーコーの後で』(共編著、慶應義塾大学出版会、2007年)、『アガンベンの名を借りて』(青弓社、2016年)、訳書にジョルジョ・アガンベン『人権の彼方に』(以文社、2000年)、同『ホモ・サケル』(以文社、2003年)、同『バートルビー』(月曜社、2005年)、同『思考の潜勢力』(月曜社、2009年)、同『王国と栄光』(青土社、2010年)、同『ニンファ』(慶應義塾大学出版会、2015年)、同『スタシス』(青土社、2016年)、カトリーヌ・マラブー編『デリダと肯定の思考』(共監訳、未來社、2001年)、ミシェル・フーコー『安全・領土・人口』(筑摩書房、2007年)、アレックス・マリー『ジョルジョ・アガンベン』(青土社、2014年)、ジャック・デリダ『死刑[I]』(白水社、2017年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。