版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「戦場のピアニスト」を救ったドイツ国防軍将校 ヘルマン・フィンケ(著/文) - 白水社
..

「戦場のピアニスト」を救ったドイツ国防軍将校 ヴィルム・ホーゼンフェルトの生涯

発行:白水社
四六判
334ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784560097120
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年5月29日
最終更新日
2019年6月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-08 産經新聞  朝刊
評者: 川成洋(法政大学名誉教授)

紹介

「私の眼の前にいるのは、いつも人間だ」

 映画『戦場のピアニスト』では、ユダヤ系ポーランド人ピアニストのシュピルマンが戦禍を免れ、ワルシャワ陥落直前、ドイツ人将校に発見されて絶体絶命という緊迫したシーンがある。ところが、そのドイツ人将校は、ピアニストの彼にピアノを弾かせて励まし、食料を運んで命を救った。
 本書は、まさにその「ドイツ国防軍将校、ヴィルム・ホーゼンフェルトの生涯」を描いた歴史読物だ。近年まで知られていなかったが、彼の日記と妻と交わした大量の書簡が発見された。ホーゼンフェルトは、「シンドラー」、「白バラのショル兄妹」、「杉原千畝」の陰に隠れていたが、迫害された数多のポーランド人やユダヤ人を彼が救済したことが明らかになったのだ。ヒトラーとナチズムを信奉していたホーゼンフェルトは、絶滅戦争の真実を目の当たりにして、「救済による抵抗運動」へと転じたのだった。
 本書は、《ドイツ青少年文学大賞》受賞の作家が、勇気と倫理を貫いた「正義の人」の生い立ちから、家族関係、悲運の最期までを、史実をたどりながら書簡と日記で再現する。夫婦で交わした率直な思い、愛情、不安や迷いを伝える文章は、読者の心を揺さぶるだろう。写真多数収録。

著者プロフィール

ヘルマン・フィンケ  (フィンケ)  (著/文

1940年生まれ。ドイツのノンフィクション作家。「白バラ」グループのゾフィー・ショル、「ローテ・カペレ」のカト・ファン・ボンチェス、ノーベル平和賞受賞者カール・オシエツキーらナチス抵抗運動家に関する著作がある。中でも「ドイツ青少年文学大賞」を受賞したゾフィー・ショルの評伝を始め、青少年の読者を意識した現代史関連の著作も多い。

高田 ゆみ子  (タカダ ユミコ)  (翻訳

翻訳家。主要訳書:ブルッフフェルド/レヴィーン「語り伝えよ、子どもたちに ホロコーストを知る」、パウゼヴィング「片手の郵便配達人」「そこに僕らは居合わせた」(以上、みすず書房)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。