版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
力の追求(下) リチャード・J・エヴァンズ(著/文) - 白水社
..

書店員向け情報

9784560096314
シリーズ近現代ヨーロッパ200年史 全4巻

力の追求(下) ヨーロッパ史1815-1914

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
A5判
460ページ
定価 5,800円+税
ISBN
978-4-560-09631-4   COPY
ISBN 13
9784560096314   COPY
ISBN 10h
4-560-09631-7   COPY
ISBN 10
4560096317   COPY
出版者記号
560   COPY
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年3月28日
最終更新日
2018年5月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-04 朝日新聞  朝刊
評者: 藤原辰史(京都大学准教授・食農思想史)
2018-12-09 毎日新聞  朝刊
評者: 岩間陽子(政策研究大学院大学教授・国際政治)
2018-08-25 朝日新聞  朝刊
評者: 西崎文子(東京大学教授・アメリカ政治外交史)
2018-07-01 毎日新聞  朝刊
評者: 岩間陽子(政策研究大学院大学教授・国際政治)
MORE
LESS

紹介

時代の香りを伝える細部を活写

 本書の特徴として、第一に、ヨーロッパ中心史観に陥ることなく、世界規模での歴史の展開に目配りしており、ヨーロッパ史を「グローバル・ヒストリー」のなかで論じることに成功している。第二に、政治史中心の時系列的な叙述と、社会史、経済史、文化史の構造的な叙述がバランスよく並立されており、抑揚に富む近代史の経緯を多面的に理解できる。第三に、無名の人物を多数取り上げることで、19世紀の実像を多様な次元で提示しようとしている。女性や労働者層に関する叙述も充実し、20世紀に巨大なうねりとなるかれらの思想や運動が、19世紀にいかに生み出され、成長していったのかが明解に語られる。「下からの社会史」の歴史家エヴァンズの本領発揮であり、民衆やマイノリティに光を当てた分析は精彩に富む。
 わが国では、19世紀ヨーロッパ史の本格的な紹介はしばらく途絶えていた。欧米では、近代の歴史的意味を問い直す研究は確実に厚みを増しており、その最先端を日本の読者に伝えたい。第2回・第3回配本。カラー口絵・地図多数収録。

著者プロフィール

リチャード・J・エヴァンズ  (エヴァンズ)  (著/文

ケンブリッジ大学で近代史欽定講座担任教授を務めた高名なドイツ近現代史家。2012 年にはその学術的功績のゆえにナイトに叙された。編著の抄訳『ヴィルヘルム時代のドイツ――「下から」の社会史』(望田幸男・若原憲和訳、晃洋書房、1988 年)と、D・ブラックボーン及びG・イリーの論文を合わせて共著という形を取った『イギリス社会史派のドイツ史論』(望田幸男・川越修・工藤章男・小林聡人訳、晃洋書房、1992年)、それに単著の『歴史学の擁護――ポストモダニズムとの対話』(今関恒夫・林以知郎監訳、佐々木龍馬・與田純訳、晃洋書房、1999年)の邦訳書がある。

上記内容は本書刊行時のものです。