版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
天皇を救った男 笠井重治 七尾 和晃(著/文) - 東洋経済新報社
..

天皇を救った男 笠井重治

四六判
216ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784492062104
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年11月27日
最終更新日
2018年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-04-14 毎日新聞  朝刊
2019-03-03 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 筒井清忠(帝京大学教授)

紹介

戦後史が動くとき、必ずこの男がいた。

日米開戦回避工作、天皇の戦犯訴追回避、ニクソン電撃訪中
歴史的事件の背後で、「密使」を務めた謎の人物の正体とは?

波乱の生涯を描く初の本格評伝。

<本文より>
占領軍司令部でマッカーサーに間近で仕えたフェラーズは日本通として知られた将校だった。笠井は、フェラーズの奮闘を間近で見ていただけではなかった。フェラーズがマッカーサーに提出し、天皇制護持を進言した建白書の作成そのものに、笠井は深く関わり、フェラーズの活動を裏で支えていたのである。しかし、笠井が生前、それを声高に主張することはなかった。(本文より)

<主な登場人物>
昭和天皇、近衛文麿、ダグラス・マッカーサー、チャールズ・ウィロビー、ジョセフ・グルー、マンスフィールド、岸信介、佐藤栄作、周恩来、汪兆銘 etc.

目次

第1章 一本の電話

第2章 事件の伏線

第3章 天皇を救った密使

第4章 ナゾの男を追って

第5章 遺された日記

第6章 遺されたメモ

著者プロフィール

七尾 和晃  (ナナオ カズアキ)  (著/文

七尾 和晃(ナナオ カズアキ)

上記内容は本書刊行時のものです。