版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「帝国」ロシアの地政学  小泉 悠(著/文) - 東京堂出版
..

「帝国」ロシアの地政学  「勢力圏」で読むユーラシア戦略

発行:東京堂出版
四六判
272ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784490210132
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年6月25日
書店発売日
登録日
2019年5月28日
最終更新日
2019年6月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-07 朝日新聞  朝刊
評者: 呉座勇一(国際日本文化研究センター助教・日本中世史)
2019-09-01 読売新聞  朝刊
評者: 篠田秀朗(東京外国語大学教授、国際政治学者)
2019-06-30 産經新聞  朝刊

紹介

ロシアの対外政策を分析し、その野望と戦略を読み解く。旧ソ連諸国、中東、東アジア、そして北極圏へと張り巡らされるロシアの新勢力圏を丹念に分析。国際社会の新秩序を理解するのに最適の書。北方領土の軍事的価値にも言及。

目次

第1章 「ロシア」とはどこまでか――ソ連崩壊後のロシアをめぐる地政学
第2章 「主権」と「勢力圏」――ロシアの秩序観
第3章 「占領」の風景
第4章 ロシアの「勢力圏」とウクライナ危機
第5章 砂漠の赤い星――中東におけるロシアの復活
第6章 北方領土をめぐる日米中露の四角形
第7章 新たな地政的正面――北極

著者プロフィール

小泉 悠  (コイズミ ユウ)  (著/文

1982年千葉県生まれ。早稲田大学社会科学部、同大学院政治学研究科修了。政治学修士。民間企業勤務、外務省専門分析員、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所(IMEMO RAN)客員研究員などを経て、現在は公益財団法人未来工学研究所で客員研究員を務める。ロシアの軍事・安全保障を専門としており、特にロシアの軍改革、ハイブリッド戦略、核戦略、宇宙戦略などに詳しい。主著に『軍事大国ロシア 新たな世界戦略と行動原理』(作品社、2016年)があるほか、『軍事研究』誌等でロシアの軍事・安全保障に関する分析記事を執筆している。テレビ、ラジオなどのメディア出演も多い。

上記内容は本書刊行時のものです。