版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
トラウマ文学館 頭木 弘樹(編集) - 筑摩書房
..
ちくま文庫 か-71-2

トラウマ文学館 ひどすぎるけど無視できない12の物語

発行:筑摩書房
文庫判
400ページ
定価 900円+税
ISBN
9784480435620
Cコード
C0193
一般 文庫 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年2月7日
書店発売日
登録日
2018年12月21日
最終更新日
2019年2月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-04-14 東京新聞/中日新聞  朝刊
2019-03-16 日本経済新聞  朝刊

紹介

大好評の『絶望図書館』第2弾! もう思い出したくもないという読書体験が誰にもあるはず。洋の東西、ジャンルを問わずそんなトラウマ作品を結集!

著者プロフィール

頭木 弘樹  (カシラギ ヒロキ)  (編集

文学紹介者。筑波大学卒。大学三年の二十歳のときに難病になり、十三年間の闘病生活を送る。そのときにカフカの言葉が救いとなった経験から、『絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社/新潮文庫)を編訳。その他の編訳書に『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』(飛鳥新社)。監修書に『マンガで読む 絶望名人カフカの人生論』平松昭子(飛鳥新社)。著書に『絶望読書──苦悩の時期、私を救った本』(飛鳥新社)『カフカはなぜ自殺しなかったのか?』(春秋社)がある。NHK「ラジオ深夜便」の「絶望名言」のコーナーに出演中。

上記内容は本書刊行時のものです。