版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
明智光秀と細川ガラシャ 井上 章一(本文) - 筑摩書房
..
筑摩選書 0187

明智光秀と細川ガラシャ 戦国を生きた父娘の虚像と実像

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑摩書房
四六判
288ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-480-01695-9   COPY
ISBN 13
9784480016959   COPY
ISBN 10h
4-480-01695-3   COPY
ISBN 10
4480016953   COPY
出版者記号
480   COPY
 
Cコード
C0321
一般 全集・双書 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月12日
書店発売日
登録日
2020年1月23日
最終更新日
2021年4月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-29 朝日新聞  朝刊
評者: 柄谷行人(哲学者)
2020-05-10 読売新聞  朝刊
2020-04-26 産經新聞  朝刊
評者: 北原かな子(青森中央学院大学教授)

紹介

なぜ光秀は信長を殺したか。なぜ謀反人の娘が聡明な美女と伝わったのか。欧州のキリスト教事情や近代日本でイメージが変容した過程などから、父娘の実像に迫る。

上記内容は本書刊行時のものです。