版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
鼓に生きる 田中佐太郎(著/文) - 淡交社
..

鼓に生きる 歌舞伎囃子方 田中佐太郎

発行:淡交社
四六判
192ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784473042750
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年9月18日
最終更新日
2018年9月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-01-13 産經新聞  朝刊
評者: 青木奈緒(文筆家)

紹介

〈「あの人がいなかったら今の歌舞伎囃子はない」──。伝統を守り、次代へ繋いだ一人の女性の闘いの日々〉
〈女人禁制の歌舞伎の世界でたくましく生きた一人の女〉

歌舞伎の上演に欠くことができない音楽「歌舞伎囃子」。男子の後継者に恵まれなかった田中流の家元・11世田中傳左衛門(人間国宝)は江戸時代から続く家の芸を愛娘・佐太郎に託す決断をします。父の厳しい教えを受けながら女人禁制の歌舞伎の世界で歯を食いしばって生き、三人の息子(亀井広忠、13世田中傳左衛門、田中傳次郎)を一流の演奏者として鍛え上げた佐太郎。
古稀を迎えた今、その半生を振り返ります。2017年月刊『なごみ』の連載を大幅に加筆。夫で能楽囃子葛野流大鼓方の亀井忠雄(人間国宝)、息子たちのインタビューなども交えて単行本化。

著者プロフィール

田中佐太郎  (タナカサタロウ)  (著/文

歌舞伎囃子方

氷川まりこ  (ヒカワマリコ)  (著/文

伝統文化研究家

上記内容は本書刊行時のものです。