版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
昭和陸軍 七つの転換点 川田 稔(著/文) - 祥伝社
..

書店員向け情報

9784396116354
祥伝社新書

昭和陸軍 七つの転換点

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:祥伝社
新書判
縦173mm 横106mm 厚さ13mm
重さ 182g
272ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-396-11635-4   COPY
ISBN 13
9784396116354   COPY
ISBN 10h
4-396-11635-7   COPY
ISBN 10
4396116357   COPY
出版者記号
396   COPY
Cコード
C0221
一般 新書 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年8月10日
書店発売日
登録日
2021年7月16日
最終更新日
2021年7月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-04 毎日新聞  朝刊
2021-08-14 東京新聞/中日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

なぜ、日本は戦争へと突き進んだのか
陸軍は無策で無謀な日米戦争に突き進んだ――。
この見方を著者は否定する。陸軍は昭和に入ると変質し、一夕会・統制派が実権を握る。
彼らは第一次世界大戦後、次なる世界大戦が予想されるなか、それにともなう国家戦略を有していた。
しかし、それは刻一刻と変化する国際情勢に対応するなかで変容・転換を余儀なくされ、
徐々に日本の選択肢が狭まり、日米開戦に至った。
本書は、昭和戦前期の七つの事件や事例を取り上げ、その背後にある陸軍の思想・戦略を検討することで、
日米開戦に至る道筋を明らかにするものである。
みえてきたのは、今も変わらぬ地政学的条件に縛られた日本の姿であり、抗えない宿命ともいえるものだった。

(以下、目次)
第一章柳条湖事件――永田鉄山の戦略構想と一夕会
第二章五・一五事件――事前に計画を知っていた陸軍中央
第三章二・二六事件――昭和陸軍を動かした統制派の伸張
第四章盧溝橋事件――日中戦争は太平洋戦争の引き金ではない
第五章 「時局処理要綱」の策定――欧州大戦と武藤章の戦略構想
第六章日独伊三国同盟――対米戦争は望まず、されど……
第七章南部仏印進駐――日米開戦の原因は関特演だった
終章聖断――昭和陸軍の終焉と日本の限界

目次

第一章 柳条湖事件――永田鉄山の戦略構想と一夕会
第二章 五・一五事件――事前に計画を知っていた陸軍中央
第三章 二・二六事件――昭和陸軍を動かした統制派の伸張
第四章 盧溝橋事件――日中戦争は太平洋戦争の引き金ではない
第五章 「時局処理要綱」の策定――欧州大戦と武藤章の戦略構想 
第六章 日独伊三国同盟――対米戦争は望まず、されど……
第七章 南部仏印進駐――日米開戦の原因は関特演だった
終 章 聖断――昭和陸軍の終焉と日本の限界

上記内容は本書刊行時のものです。