版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
憲法解釈権力 蟻川 恒正(著/文) - 勁草書房
..

憲法解釈権力

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:勁草書房
四六判
328ページ
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-326-45121-0   COPY
ISBN 13
9784326451210   COPY
ISBN 10h
4-326-45121-1   COPY
ISBN 10
4326451211   COPY
出版者記号
326   COPY
 
Cコード
C3032
専門 単行本 法律
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年1月17日
最終更新日
2020年2月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-01 朝日新聞  朝刊
評者: 蟻川恒正(日本大学教授・憲法学者)
2020-05-02 朝日新聞  朝刊
評者: 石川健治(東京大学教授・憲法学)

紹介

改憲は取り沙汰されても、憲法解釈への注目は少ない。だが解釈という行為は憲法改正と不可分である。そこに何かが隠れてはいないか?

憲法改正をめぐる議論は多い。しかし本来ならばそれと腑分けし、分け入るべき憲法解釈の議論をどれだけ重ねてきただろうか。そこに落とし穴はないか。憲法改正の限界を憲法解釈の約束事のなかに見出す巻頭論文のほか、国民、政治部門、裁判所、天皇それぞれがする憲法解釈の諸問題に、「憲法解釈権力」という新たな視座から迫る。

目次



Ⅰ 解釈という権力
 1 憲法を解釈する権力

Ⅱ 権力の叡智
 2 「憲法の番人」に関する考察
 3 九条訴訟という錯綜体

Ⅲ 権力に応じた義務
 4 《通過》の思想家 サンフォード・レヴィンソンの憲法理論
 5 裁判官の責任とは何か
 6 法学原論の見えない系譜――[書評]小粥太郎著『民法学の行方』
 7 立憲主義のゲーム

Ⅳ 権力者の錯覚
 8 「人事」を尽して我意に任す
 9 憲法解釈権力──その不在に関する考察
 10 内閣の憲法解釈
 11 権力者の自己言及
 12 「最高権力者」の自己言及
 13 天皇の憲法解釈

初出一覧

著者プロフィール

蟻川 恒正  (アリカワ ツネマサ)  (著/文

蟻川 恒正(ありかわ つねまさ) 
1964年、東京に生れる。東京大学法学部卒業。現在、日本大学教授。著書に『憲法的思惟』『尊厳と身分』ともに、岩波書店、2016年。

上記内容は本書刊行時のものです。