版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
焼けあとのちかい 半藤 一利(著/文) - 大月書店
..

焼けあとのちかい

発行:大月書店
B5判
48ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784272408573
Cコード
C8721
児童 絵本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年6月1日
最終更新日
2019年6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-08-11 東京新聞/中日新聞  朝刊
2019-08-04 毎日新聞  朝刊
評者: 磯田道史(国際日本文化研究センター准教授・日本近世/近代史)

紹介

日本の戦争に向き合い、戦争の過程を精緻に解明してきた半藤一利。その原点は中学2年で体験した東京大空襲だった。開戦から日に日に苦しくなる下町の生活。そして3月10日。猛火を生きのびた半藤少年は焼けあとでちかった。
半藤一利の初の絵本を描くのは、大胆な画風で注目を集める絵本作家・塚本やすし!

小学校中学年以上向け。
小学校3年生以上の漢字にルビ。用語解説の注あり。

著者プロフィール

半藤 一利  (ハンドウ カズトシ)  (著/文

1930年東京・向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などをへて作家に。「歴史探偵」として主に近現代史についての著作を多数発表。

塚本 やすし  (ツカモト ヤスシ)  (イラスト

1965年東京・本所生まれ。絵本作家。主な絵本に『やきざかなののろい』『42本のローソク』『せんそう 昭和20年3月10日東京大空襲のこと』『いのりの石』『戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」』、谷川俊太郎の詩の絵本に『そのこ』『しんでくれた』『うんこ』など多数。「子どもの本・九条の会」会員。

上記内容は本書刊行時のものです。