版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
昭和天皇の声 中路 啓太(著/文) - 文藝春秋
..

昭和天皇の声

発行:文藝春秋
四六判
256ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784163910710
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年6月29日
最終更新日
2019年7月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-08 毎日新聞  朝刊

紹介

令和時代だからこそ書けた「昭和史小説」の決定版が誕生!

天皇とは、この国にとっていかなる存在か。
国家社会の融合体の中心である天皇とは、何と窮屈で、脆く、孤独なものか――。

昭和天皇が、自ら政治的決定を下したのは「三度」。
二・二六事件の青年将校たちは、天皇のために行動している、との信念のもと蹶起し、鈴木貫太郎らを襲撃した。
ある憲兵は、蹶起軍こそが、反逆者だと憤った。
昭和天皇が、どのような思いを持っているのかを、国民それぞれが夢想し、それを大義名分としてぶつかり合い、昭和という「激動の時代」が作り上げられた。

『ゴー・ホーム・クイックリー』や『ミネルヴァとマルス 昭和の妖怪・岸信介』で近現代史を描き、永田町でも注目される中路啓太による「昭和天皇」にまつわる五つの短篇。
国民の想いに戸惑い、悩む、生身の天皇の姿!

上記内容は本書刊行時のものです。