版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
辺境メシ ヤバそうだから食べてみた 高野 秀行(著/文) - 文藝春秋
..

辺境メシ ヤバそうだから食べてみた

発行:文藝春秋
四六判
312ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784163909196
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年9月1日
最終更新日
2018年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-01-12 朝日新聞  朝刊
評者: 出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
2018-12-09 読売新聞  朝刊
評者: 戌井昭人(作家)
2018-11-25 産經新聞  朝刊
2018-11-04 毎日新聞  朝刊

紹介

ヒキガエルジュース、ラクダ丼、水牛の脊髄炒め、サルの燻製脳味噌、元首狩り族の超熟納豆、古代粘土板せんべい、生羊肉ハンバーグ、胎盤餃子……
辺境探検家がありとあらゆる奇食珍食に挑んだ、驚嘆のノンフィクション・エッセイ。

・ジャングルのゴリラ肉ってどんな味?
・恐怖のスパーリング・エイ料理ホンオ
・「世界最高のビールのつまみ」の意外すぎる正体
・“女性用絶倫食材”カエルの子宮の効果とは?
・トン族は「ヤギの糞のスープ」を食べる!?

人類最後の秘境は食卓だった! 抱腹絶倒の〈食の冒険〉ノンフィクション決定版。

目次
Ⅰ アフリカ ゴリラを食った男の食浪漫
Ⅱ 南アジア 怪魚、水牛、密造酒……爆発だ!
Ⅲ 東南アジア 思わずトリップするワンダーフード
Ⅳ 日本 猛毒フグの卵巣から古来のワニ料理まで
Ⅴ 東アジア 絶倫食材に悶絶した日々
Ⅵ 中東・ヨーロッパ 臭すぎてごめんなさい
Ⅶ 南米 魔境へようこそ――

上記内容は本書刊行時のものです。