版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「いいね!」戦争 P・W・シンガー(著/文) - NHK出版
..
詳細画像 0
 

「いいね!」戦争 兵器化するソーシャルメディア

発行:NHK出版
四六判
448ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784140817797
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年5月15日
最終更新日
2019年6月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-08-10 日本経済新聞  朝刊
評者: 小谷賢(日本大学教授)
2019-07-14 読売新聞  朝刊
評者: 坂井豊貴(慶應大学教授、経済学者)

紹介

その「つながり」が大量殺戮を引き起こす!

SNSは戦争や政治のあり方を根底から変えた。個人の「いいね!」「シェア」は瞬時に拡散され、それによる憎悪の連鎖は世界各地で紛争や虐殺を起こしている。軍事研究とSNS研究の第一線で活躍する著者が、誰もが戦争の当事者となり得るリアルな恐怖を突きつける衝撃作。
解説:佐藤優

目次

1 開戦―「いいね!」戦争とは何か
2 張りめぐらされる「神経」―インターネットはいかに世界を変えたか
3 いまや「真実」はない―ソーシャルメディアと秘密の終わり
4 帝国の逆襲―検閲、偽情報、葬り去られる真実
5 マシンの「声」―真実の報道とバイラルの闘い
6 ネットを制する者が世界を制す―注目と権力を求める新たな戦争
7 「いいね!」戦争―紛争がウェブと世界を動かす
8 宇宙を統べる者―「いいね!」戦争のルールと支配者たち
9 結論―私たちは何を知っているか、何ができるか

著者プロフィール

P・W・シンガー  (ピーダウォレンシンガー)  (著/文

史上最年少で米ブルッキングス研究所の上級研究員となり、現在にいたる。ニュー・アメリカ財団の戦略家、国防総省および国務省、CIAの顧問、ハリウッドのプロジェクトのコンサルタントなども務める。著書に軍事ノンフィクション『戦争請負会社』『子ども兵の戦争』『ロボット兵士の戦争』(以上、NHK出版)のほか、小説『中国軍を駆逐せよ!』(二見書房、共著)などがある。

エマーソン・T・ブルッキング  (エマーソンブルッキング)  (著/文

紛争およびソーシャルメディアのエキスパート。米外交問題評議会リサーチフェロー。アトランティック、フォーリン・ポリシー、ポピュラー・サイエンスなど多くの雑誌に寄稿。

小林 由香利  (コバヤシ ユカリ)  (翻訳

翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業。訳書に『子ども兵の戦争』『ロボット兵士の戦争』P・W・シンガー(以上、NHK出版)、『サバイバルボディー』スコット・カーニー(白水社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。