版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
東京大学駒場スタイル 東京大学教養学部(編集) - 東京大学出版会
.

東京大学駒場スタイル

B5変型判
232ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-13-001351-2
Cコード
C1000
教養 単行本 総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年6月1日
書店発売日
登録日
2019年4月26日
最終更新日
2019年7月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-08-10 日本経済新聞  朝刊

紹介

新しい時代の教養教育の担い手にとどまらず,さまざまな研究でも最先端を走る駒場.知の現在を紹介すると同時に,変革し続ける教養学部の全容を伝える.総勢44名の研究者,さらにノーベル生理学・医学賞受賞者の大隅良典,元外務大臣の川口順子,芥川賞作家の円城塔と小野正嗣,批評家の東浩紀などの駒場が輩出した人々が贈る“紙上オープンキャンパス&ホームカミングデイ”.東京大学教養学部創立70周年記念出版.

目次

はじめに――学際知の俯瞰力(石田 淳)
東京大学駒場キャンパスマップ
東京大学駒場キャンパス空撮写真,アクセスマップ

I いま,大学の研究と教育とは?――東大駒場の挑戦

鼎談 大学の力量と社会の器量(大隅良典×石田 淳×太田邦史)


II 知の循環――研究と教育の連動

歴史と組織
 1 歴史――一高から東京大学教養学部へ(津田浩司)
 2 組織――先端知を生み出す(清水 剛)

教員の日々
 1 コトバとコマバと四つの顔と(広瀬友紀)
 2 分子に魅せられ分子を教える(長谷川宗良)

先進的な教育
 1 初年次教育――学生の意識の変革(増田 建)
 2 英語教育──伝統と挑戦のきずくもの(板津木綿子)
 3 TLP(トライリンガル・プログラム)――世界の明日を担うための出発点(石井 剛)
 4 キャンパス・アジア・プログラム――リベラルアーツで東アジアをつなぐ (清水 剛)
 5 先進科学研究機構とアドバンスト理科――若手研究者と学生の相互作用(清水 明)

社会とのつながり
 1 東大駒場友の会――駒場の支援,親しき集い(浅島 誠)
 2 高校生と大学生のための金曜特別講座――進路選択に悩む若者たちへ(新井宗仁)
 3 オルガン委員会・ピアノ委員会――駒場で音楽を愉しむ (長木誠司)
 4 ブランドデザインスタジオ――アイデア創出の作法(真船文隆)
〈コラム 学生の声 1〉つながり,まわり,かわる(遠藤智也)


III 知の最前線――それぞれの駒場スタイル

自然の謎に挑む
 1 “More is …”――たくさんあることの物理(福島孝治)
 2 ナノ分子ブロックにより組み立てられる固体材料──無機化学(内田さやか)
 3 カエルとマウスの比較から見えてきた哺乳類の受精卵の特性――発生細胞生物学(大杉美穂)
 4 生命現象を光で操作する――生命化学 (佐藤守俊)
 5 心の起源と進化を探る──文系の疑問に理系の技術で挑む(岡ノ谷一夫)

新しい知を開拓する
 1 身体運動科学の地平――アートをサイエンスする試み(工藤和俊)
 2 ボヘミアン・ラプソディ(池上高志)
 3 折紙の科学――形,構造,計算(舘 知宏)
 4 科学技術と社会――知の責任とリベラル・アーツ(藤垣裕子)

文化の真相に迫る
 1 一人で辞書作り――フランス語語彙論・文献学(松村 剛)
 2 学問の海をジタバタ――比較出版史研究に至るまで(前島志保)
 3 接点を求める旅――イギリス文学・現代文学(武田将明)
 4 フィールドから地球社会を考える――文化人類学・南アジア地域研究(田辺明生)
 5 ユーラシア世界の中の大清帝国──歴史学,東洋史学(杉山清彦)

激動する社会を読み解く
 1 同時代史としてのアメリカ研究――駒場との往還(西崎文子)
 2 政治と市民の接点としての「参加」――比較政治学から考える(鹿毛利枝子)
 3 ロッテルダム・フランクフルト・駒場――“精神の自由を巡る対抗関係”を探求する旅の中で(福岡安都子)
〈コラム 学生の声2〉多様にして豊かな学び舎(日野公純)


IV 学びの遺産――キャリアを切り拓く

師弟対談
 1 自由さという駒場の価値観(高橋哲哉×東 浩紀)
 2 一人の中で学際的な人を育てる(金子邦彦×円城 塔)

卒業生からのメッセージ
 1 国際関係論分科で学んだこと(川口順子)
 2 駒場から〈文学のふるさと〉へ(小野正嗣)
 3 日本を学ぶ.視野を広げる.自分を知る.(ディオン・ン・ジェ・ティン)
 4 駒場に七〇年,基礎科,統合自然科学科について(氷上 忍)
 5 駒場に支えられた三〇年(鳥井寿夫)
 6 「訝しさ」(いぶかしさ)を抱えて挑戦する人のための場所(安部敏樹)
 7 「一人学際」と対話の場づくり(江間有沙)
〈コラム 学生の声3〉生態系のスタビリチーを論じて併せて納豆の運動に及ぶ(山岸純平)


V 理想のキャンパス――学びを支えるインフラ

知的資源・アーカイヴ
 1 図書館・書庫――「こまとちゃん」の来し方(石原あえか)
 2 美術作品――考古学資料から現代美術まで(加治屋健司)
 3 駒場博物館――大学と社会を結ぶ窓(折茂克哉)

ユニークな施設
 1 QOMジム――生活の質の向上とスポーツ科学の研究成果(永井久美子)
 2 MRI(磁気共鳴画像)装置――最先端の装置が身近なものに(四本裕子)
 3 大隅良典先生ノーベル賞受賞記念碑――観る楽しさ,知る喜び,解く歓び(村田 滋)

歴史ある風景
 1 駒場の建築(田村 隆)
 2 駒場の桜と緑(佐藤俊樹)
 3 小説に描かれた駒場キャンパス(出口智之)
〈コラム 学生の声4〉大工と爆発(小川 哲)


おわりに――すべての道は駒場に通ず(武田将明)

上記内容は本書刊行時のものです。