版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
灰と日本人 小泉 武夫(著/文) - 中央公論新社
..
中公文庫

灰と日本人

文庫判
320ページ
定価 880円+税
ISBN
9784122067080
Cコード
C1121
教養 文庫 日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年2月5日
最終更新日
2019年3月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-05-05 読売新聞  朝刊
評者: 本多正一(文筆家)
2019-04-13 朝日新聞  朝刊
評者: 堀部篤史(書店「誠光社」店主)

紹介

発火、料理、消毒、肥料、発酵、製紙、染料、陶芸のほか香道や茶道にも道具や材料として、灰は日本人の生活を支えてきた。また童話の中には「灰かぶり姫(シンデレラ姫)」に似た話が世界にあることを見出す。食生活、社会、風俗、宗教、芸術に分け入り、身近な生活必需品=灰の科学と神秘性を解き明かす。灰の負のイメージを払拭する画期的な作品

目次
Ⅰ 灰の生いたち
灰の誕生と埋火(うずみび)のこと
灰の成分と用途?そして灰屋のこと
Ⅱ 灰と食
食べものと灰
酒と灰
醤油・味噌と木灰
海藻と灰
料理と灰汁(あく)
Ⅲ 灰の恵み
和紙・織物と木灰
染料・染色と木灰
やきものと灰
Ⅳ 灰の効能
薬と灰
「秘術伝書」と灰
Ⅴ 灰の恐怖
火山と灰
死の灰
Ⅵ 灰と高貴
茶道・香道と木灰
習俗・宗教と灰
文学と灰

著者プロフィール

小泉 武夫  (コイズミタケオ)  (著/文

一九四三(昭和一八)年、福島県の酒造家に生まれる。東京農業大学農学部醸造学科卒業。農学博士。東京農業大学名誉教授。広島大学、鹿児島大学、琉球大学の客員教授を務める。専門は醸造学、発酵学、食文化論。『発酵』『奇食珍食』『酒肴奇譚』ほか著書多数

上記内容は本書刊行時のものです。