版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「スパコン富岳」後の日本 小林 雅一(著/文) - 中央公論新社
..
中公新書ラクレ 723

「スパコン富岳」後の日本 科学技術立国は復活できるか

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
224ページ
定価 840円+税
ISBN
978-4-12-150723-5   COPY
ISBN 13
9784121507235   COPY
ISBN 10h
4-12-150723-1   COPY
ISBN 10
4121507231   COPY
出版者記号
12   COPY
 
Cコード
C1204
教養 新書 情報科学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年2月6日
最終更新日
2021年3月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-18 産經新聞  朝刊
2021-03-20 朝日新聞  朝刊

紹介

国産スーパーコンピュータ「京」が「2位じゃダメなんでしょうか」と槍玉に挙げられてから十数年、世界一に輝いた国産スーパーコンピューター「富岳」。新型コロナ対応で注目の的だが、真の実力は如何に? 「電子立国・日本」は復活するのか? 新技術はどんな未来社会をもたらすのか? 莫大な国費投入に見合う成果を出せるのか? 開発責任者や、最前線の研究者(創薬、がんゲノム医療、宇宙など)、注目AI企業などに取材を重ね、米中ハイテク覇権競争下における日本の戦略や、スパコンをしのぐ量子コンピュータ開発のゆくえを展望する。

著者プロフィール

小林 雅一  (コバヤシマサカズ)  (著/文

小林雅一

1963年群馬県生まれ。KDDI総合研究所リサーチフェロー、情報セキュリティ大学院大学客員准教授。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院理学系研究科を修了後、雑誌記者などを経てボストン大学に留学、マスコミ論を専攻。ニューヨークで新聞社勤務、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所などで教鞭をとった後、現職。『AIの衝撃――人工知能は人類の敵か』『ゲノム編集とは何か―― 「DNAのメス」クリスパーの衝撃』など著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。