版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ストックホルムの旭日 牛村 圭(著/文) - 中央公論新社
..

書店員向け情報

中公選書

ストックホルムの旭日 文明としてのオリンピックと明治日本

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
352ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-12-110119-8   COPY
ISBN 13
9784121101198   COPY
ISBN 10h
4-12-110119-7   COPY
ISBN 10
4121101197   COPY
出版者記号
12   COPY
Cコード
C1375
教養 全集・双書 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年6月8日
最終更新日
2021年6月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-04 毎日新聞  朝刊
評者: 張競(明治大学教授・比較文化)
2021-08-21 日本経済新聞  朝刊
評者: 高嶋航(京都大学教授)
MORE
LESS

紹介

国際関係において対等であるとはどういうことか。近代国家にとって、国民が体を鍛えることにどのような意味があったのか――。

「文明国」の一員として扱われることを悲願とした明治国家にスポーツが導入され、国と国とが同一ルールで競い合う近代オリンピックに参加するまでを丹念に追う、初めての「文明としてのスポーツ史」。漱石『三四郎』から嘉納治五郎のオリンピック実見記まで、主に陸上競技にまつわるさまざまな史料をテクストとして精読し、都市化の進展、学生の増加、科学の進歩といった二十世紀の論点に迫る。

著者プロフィール

牛村 圭  (ウシムラケイ)  (著/文

牛村圭

1959年金沢市生まれ。東京大学文学部(仏語仏文学)卒業。同大学大学院(比較文学比較文化)、1991年、シカゴ大学大学院(歴史学)各博士課程修了。博士(学術)。カナダ・アルバータ大学客員助教授、明星大学助教授などを経て、2007年より国際日本文化研究センター教授。著書に『「文明の裁き」をこえて』(中公叢書、山本七平賞)、『「勝者の裁き」に向きあって――東京裁判をよみなおす』(ちくま新書)、『東京裁判を正しく読む』(共著、文春新書)、『文明と身体』(編著、臨川書店)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。