版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「敦煌」と日本人 榎本 泰子(著/文) - 中央公論新社
..
中公選書

「敦煌」と日本人 シルクロードにたどる戦後の日中関係

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
320ページ
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-12-110117-4   COPY
ISBN 13
9784121101174   COPY
ISBN 10h
4-12-110117-0   COPY
ISBN 10
4121101170   COPY
出版者記号
12   COPY
 
Cコード
C1321
教養 全集・双書 日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年2月6日
最終更新日
2021年3月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-17 日本経済新聞  朝刊
評者: 岡本隆司(京都府立大学教授)
2021-04-10 毎日新聞  朝刊
評者: 張競評(明治大学教授・比較文化)

紹介

「敦煌」は戦前・戦後を通じて、日本人の「中国への憧れ」を象徴する言葉であった。その最後の輝きとも言える1980年代、井上靖の小説『敦煌』『楼蘭』がロングセラーになり、「敦煌」は世紀の大作として映画化。NHK特集「シルクロード」が高視聴率を記録し、喜多郎のテーマ音楽がヒットチャートを駆けあがった。平山郁夫の描く西域の風景画はカレンダー等の定番でもあった。中国の改革開放政策の進展にともなって巻き起こったあのブームは、いつ、なぜ、どのように消えたのだろうか。


 今や「シルクロード」という言葉は中国の経済圏構想「一帯一路」に付随するものになってしまった。中国が世界の脅威と見なされる現状で、日本が隣国とどのような関係を構築すべきかを考える必要に迫られている。20世紀の日本人が何を背景に、どのような中国イメージを形成してきたのかを知ることは、その大きな手がかりとなるだろう。




目次


第一章 井上靖と「敦煌」


第二章 日中国交正常化とNHK「シルクロード」


第三章 改革開放と映画『敦煌』


第四章 平山郁夫の敦煌


第五章 大国化する中国とシルクロード

著者プロフィール

榎本 泰子  (エノモトヤスコ)  (著/文

1968年東京生まれ。東京大学文学部国文学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。中国言語文化専攻。同志社大学助教授等を経て、現在、中央大学文学部教授。著書に『楽人の都・上海――近代中国における西洋音楽の受容』(サントリー学芸賞、日本比較文学会賞)、『上海オーケストラ物語――西洋人音楽家たちの夢』(島田謹二賞)、『上海――多国籍都市の百年』『宮崎とう天――万国共和の極楽をこの世に』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。