版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
この地上において私たちを満足させるもの 乙川 優三郎(著/文) - 新潮社
..

この地上において私たちを満足させるもの

発行:新潮社
四六変型判
縦191mm 横132mm 厚さ25mm
重さ 422g
256ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784104393091
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2018年12月20日
書店発売日
登録日
2018年11月13日
最終更新日
2018年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-10 産經新聞  朝刊
評者: 北上次郎(書評家)
2018-12-22 朝日新聞  朝刊
評者: 諸田玲子(作家)

紹介

戦後の房総半島からヨーロッパ、アジア、そして日本で。そこでは灰色の人生も輝き、沸々と命が燃えていた。あのとき、自分を生きる日々がはじまった――。縁あって若い者と語らううち、作家高橋光洋の古い記憶のフィルムがまわり始める。戦後、父と母を失い、家庭は崩壊、就職先で垣間見た社会の表裏、未だ見ぬものに憧れて漂泊したパリ、コスタ・デル・ソル、フィリピンの日々と異国で生きる人々、40歳の死線を越えてからのデビュー、生みの苦しみ。著者の原点と歳月を刻む書下ろし長篇。

上記内容は本書刊行時のものです。